うだるような暑さと湿気の一日…

pekoの散歩がてら、蕎麦屋に糠漬けを取りだしに出掛けた朝方は、幾分涼しいかと思ったけれど、朝食を終えて本格的に出勤したときには、もう太陽が昇って、うだるような暑さなのでした。今年の梅雨が特に暑いのか、歳を取ったせいで暑さが応えるのか、自信の無いところがやはり歳を取った証拠なのかも知れません。散歩から帰ったpekoも居間の椅子の肘掛けの上でぐったりとしているのでした。この場所は、かつて兄貴分の猫の小次郎の特等席だった。

この暑さでは小近所のお客が蕎麦屋へ出掛けて来るのも辛いだろうと思っていたら、こんな日でも自転車や歩きでやって来てくれるのが常連さん。皆さんカウンターでいつものメニューを大盛りで注文してくださるから嬉しいのです。「今日の蕎麦は特に美味しいね」と目ざといお客が言うものだから、亭主も正直に、「同じ二八なのですが、小麦粉に一工夫をしてみたのです」と種明かしをする。皆さん、亭主よりも年配の方たちだから、こちらも気兼ねなく話が出来る…。

それでもやはり暑さのせいか、お客の少ない一日でした。早めに家に戻ってクーラーをかけて昼寝のひととき。今日も、朝昼晩と蕎麦を食う亭主。夜は女将にまで蕎麦を食べてもらって、それでも、美味しいから文句が出ないのは、やはり、少しずつ進歩しているのかな?暑い夕べのプールも今日は月曜日だというのに随分と空いていました。すぐに汗が噴き出してくるので、オールアップですぐに退散。売れ残ったぬか漬けのお新香と手作り珍味で一献の宵です…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.