朝から真夏の暑さで…

今朝もなかなか起きられませんでした。疲れ切った翌日に疲労が回復するには、もっと体力作りに励まなければいけないのでしょうか。犬の散歩も女将に任せて、朝飯もあまり食べられずに、そのまま蕎麦屋へ出掛けた亭主なのでした。半袖を着ていても歩くだけで朝から汗ばむ陽気だから、暑さに慣れない疲れというのもあるのかも知れません。昨夜も11時まで蕎麦屋で仕込みをしていたから、やはり全体的に無理があるのでしょう。植物の伸びる勢いに驚くばかり。

人間も伸びようとは思うのだけれど、枯れ木に花が咲くように若い時代とは勝手が違うのです。古木には古木の良さもあるはずだから、無理をしないで細々と続けることが肝心。今朝のサラダのフルーツにはアボガトをレモン汁に浸して添えました。農家が集まって経営する地元の店で買ったキャベツは柔らかくて美味しいのです。新玉葱と合わせて、サラダの具材にはぴったり。自家製を含めていつも新鮮な野菜を目にしているとスーパーの野菜が見劣りする。

土曜日らしく開店の時刻から常連さんたちで賑わう店内。一時期は満席になって、「ただ今満席です」の看板を出したほど。週末だからと、蕎麦は十分に数に余裕を持たせていたから心配はなかったけれど、カレーうどんやメニューにはない単品でマグロ丼、天丼の、注文も入って、厨房は楽しい限りの忙しさでした。近くの工事現場のお兄さんたちもいらっして、冷やしたぬきの注文も入る。待っていましたとばかり、亭主は張り切って天かすを揚げるから嬉しいのです。

閉店時刻になっても、まだ、リピーターのお客がいらっしゃるので、一度片付けた道具や食材を取り出して、天せいろの大盛り二つを作ってお出しする。女将は相当に疲れた様子で、午後の3時前には帰って行くのでした。洗い物の続きと夜の仕込みをし終えたら、亭主もいったんは家に戻って一休みです。オーダー票が切れたので印刷して準備する。10分ほど横になる時間はあったけれど、大釜のお湯を沸かさなくてはいけなかったから、4時にはまた蕎麦屋へ。

結局、夜はお客がいなかったので、月末の貸し切り宴会に出すメニューの試作に時間を割いて、キュウリの梅じそ和えと鰻の寒天寄せを作ってみました。家に持ち帰って早速試食するのです。鮪の煮こごりは、動物性のゼラチンではちょっと柔らかすぎて形が整わない。寒天だけでは今度は固すぎて割れてしまいそうなので、アガーを加えて滑らかな食感に仕上げたのでした。味は、確かに鰻のあの味。薄く切ったキュウリの梅じそ和えも暑い日にはぴったりの味。

帰りがけに東の空には雲間に隠れそうな十三夜の月がもう昇って来ていました。季節は人間の生活には頓着せず、刻々と移り変わっていくのです。午後からのスポーツクラブを珍しくキャンセルして、今日は読売展の作品をもう一度描き上げる女将も稽古場で真剣そのものでした。自分を追い込んでいるのは、亭主一人ではない。伊豆フォトミュージアムからフィオナ・タンの展覧会とレセプションの招待状が届いていたので、横浜の長女に送ってやることにしました。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.