妙に蒸し暑い一日でしたが…

最近、疲れた一日は夜が早いせいか、翌朝に目覚める時刻も早い。4時前に目覚めて明るくなったらもうpekoの散歩に出掛け、朝飯に蕎麦を食う。散歩の途中で、蕎麦屋へ寄って漬け物を糠床から出して小鉢に盛り、ラップを掛けて冷蔵庫にしまってくるのだけれど、朝飯を食べるとまた眠くなるから横になって、また2時間ほど眠るのが極楽…。なかなか起き上がれないのは、一種の出勤拒否症状だろうか。そんなはずはないのだけれど、疲れが取れていない。

世間は休日だから、亭主も8時過ぎにゆっくりと蕎麦屋へ出掛けて、おもむろに今朝の蕎麦を打つ。蕎麦粉も小麦粉も残り少なくなっていたから、昨夜のうちに発注を済ませておきました。1kgの蕎麦打ちは最近43%の加水で上々の仕上がり。均一な太さに切る包丁切りは、まさに集中力の問題で、ちょっと他の事を考えていたりすると、駒板の送りがずれて太くなる。切りべら21~25回で130gの一人前を蕎麦を、一束一束丁寧にキッチンペーパーに包んでおきます。

野菜サラダのフルーツには週末だからと、アボカドにレモン汁を絞って奮発しておく。今日は、サラダはすべて完売だったから頑張った甲斐があるという物もの。デザートは水羊羹。蕎麦豆腐も盛りつけてカウンターに並べるけれど、こちらは日によっては意外と出ないものなのです。今日のお客様は、しっかりと昼ご飯を食べるパターンが多く、丼物のセットが随分と出ました。天せいろも大盛りが多く、夜の営業分の蕎麦は、追い打ちを掛けなければなりませんでした。

蒸し暑かったせいか、今日はアイスコーヒーが随分と出たのです。若いカップルが注文して、ウンウンと頷きながら飲んでくれたのが印象的。南蛮屋炭火焙煎のこってりコーヒーだから、氷を入れてもしっかりとした濃厚な味なのです。どうせなら、コーヒー味のガムシロップも入れて飲んで欲しかった。比較的若いお客さんたちもいらっして、静かな雰囲気の中でゆっくりと寛いで頂けたかと思います。閉店間際には、例によって会社の常連さんたちのご来店でした。

家に戻って遅い昼飯にはざるラーメン餃子。毎食、蕎麦だけではちょっと物足りないと言う時のために、霊犀亭の裏メニュー。でも、蕎麦が売れなければもともこうもないから、まだ店で出すのを躊躇っている亭主なのでした。これから夏にかけて、鰻丼セットなども好いんじゃないかと、思ったりもするけれど、果たしてどれだけの需要があるのか分からない。鴨肉も残り少なくなったので発注をかけたけれど、食材の購入費用がどこまで伸びるか気がかりなところてず。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.