戻った残暑の中の賑わい…

六本木往復と夜の防犯パトロールとで16000歩も歩いた翌日は、ぐっすりと眠った朝の疲れが残るのでした。定休日の二日も続けてこの調子だったから、実は太腿に多少の筋肉痛。それでも今朝も6時前に起き出して、蕎麦屋回りのpekoの散歩に出掛ける亭主。pekoを玄関前に待たせたまま、米を研いで、糠漬けを取り出して小鉢に盛り付けておく。休み明けは蕎麦を二回打たなければならないので、朝のうちに少しでも早めに準備を始めておくのが肝心です。

庭の朝顔も葉が枯れ始めたというのに、まだまだ沢山の花が咲く。木槿の陰に隠れた真紅のバラの花が、密やかに今年も花を咲かせていました。蕎麦屋の脇のひまわり畑も賑やかで、今朝の青空に映えている。朝日の昇る方角に向けて花が開くものだから、蕎麦屋の方向を向いて沢山の黄色い花が見えるのが素晴らしい。今朝はしばらくぶりで暑さが戻って、日中の暑さが思いやられるのです。女将との朝食を終えて再び蕎麦屋へ向かう亭主の足取りは重い。

朝のコーヒーを一杯飲んだら、幟を出してチェーンポールをおろし、ミニ菜園の野菜に水遣りをする。ボサノバのBGMに元気付けられて、蕎麦茶を沸かし、洗濯物を干し終えたら、いよいよ今朝の蕎麦打ちです。今朝は、最近気になっていた畳んだ際の包丁切りで、手元側が上手く切れない原因を探ってみたのです。もしかすると、蕎麦が途中で切れないようにと想うばかりに、きちんと畳めていないのが原因なのではないかと、考えていたのです。果たして、これは。

半分は正解のようなのでした。よくビデオなどで名人の蕎麦生地の畳み方を見ていると、畳んだ際に縁を掌でぴしっと押さえているのが気になっていたのです。あんなに押さえつけて、蕎麦が切れたりはしないのだろうかと、以前は思っていたのです。水回しの加水率が適正ならば、畳んだ際にも決して切れたりはしないと、最近では納得しているから、今日は思い切って手前側の縁を綺麗に押さえながら畳んでみたのです。すると、トントントンと綺麗に切れる。

ある程度、スピードを上げて切ってみると、これがよく分かる。ゆっくり切って手前側がぐにゃっとする感触が今日はなかったのです。ただ、どうしても最後のひと束あたりで、畳んだ生地の手前側が太く、先が細く切れてしまうのでした。さて、これは何が原因なのか。以前はこんなことはなかったから、蕎麦切りに慣れてきた最近の悪い癖なのだろうと思うのです。包丁切りの姿勢か、それとも包丁そのものの向きとか角度とか、注意をして切っていっても修正できない。

今日の小鉢は、冬瓜の海老餡掛けにインゲンを添えたものとナスとキュウリの糠漬け。やはり、餡掛けは塩味風味の方が色も綺麗に出て出汁の味わいを残すようなのです。お客さんが持って来てくれたササゲ豆を綠の添え物として、お出ししたのでした。今日は昼時にお客が集中して、あっという間に満席。四台目の車でいらっしたお客は、前のお客が店を出るまで路上駐車という状態なのでした。ほとんどが木曜日にいらっしゃる常連さんだったので嬉しかった。

カウンターに座られたご夫婦の奥様が、「あちらの方もこちらの方もいつもお会いするわ」とおっしゃるくらい、いつもいらっしゃる方々なのでした。そこへ近所の会社の社長さんが現れて、「いやあ、今月は暑すぎて会社からここまで歩いて来ることが出来なかったよ」と、しばらくぶりだった理由を話される。「無理をなさらないで下さい」と亭主。天麩羅の野菜が美味しいと言う声が上がったので、「野菜はあちらのお客様からいただきました」と紹介をするのでした。

夕刻になってだいぶ涼しくなったから、pekoを散歩に連れ出そうとリードを付けたのは好いけれど、床に這いつくばって部屋を出る気配がないのです。いつも彼女がしている散歩の前の準備体操も終えたし、元気だから行けるかとも思ったのでしたが、門から出て公園までも行けなかった。歳を取った犬の気持ちは、長年連れ添っていてもなかなか分からないもの。昼飯を食べていなかったのを思い出して、早めに夕食にしてもらって、直ぐに寝込んだ亭主でした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.