定休日二日目も美術館通いで…

昨日の失敗にもめげずに、7年目で6回の入選を果たした女将に付き合って、今日も六本木まで出掛けると言うので、朝の5時から蕎麦屋へ行って仕込みを始める亭主なのでした。昨夜のうちに蕎麦汁を仕込んでおいたから、明日の分を蕎麦猪口に詰め終えたら、まずはコーヒーを一杯飲んで、今朝の段取りを考えるのです。実は、寝ぼけまなこでは包丁を使うのも心配なのですが、冬瓜を切って味が染み込むようにと塩擦りをしたら、下茹でをして次の準備に備える。

昨日仕入れたカボチャの種を取って切り分けをしたら、明日の天麩羅に使う分だけレンジで火を通しておきます。朝のうちに出来ることは、あとは冬瓜を海老と出汁醤油で煮ておくことぐらい。この間は、唐辛子を輪切りにして味つけをしたのだけれど、辛いのが苦手なお客様もいるかと、今回は塩味だけで出汁の風味を生かしたつもり。隣の畑のひまわりは、また今朝も沢山花を咲かせ、農家のお爺さんに見守られて、蕎麦屋の仕込みをしているような気がする亭主。

家に戻れば今度はpekoの散歩で、亭主は早朝から動きっぱなしだったから、朝食に蕎麦を茹でて食べたら、もう眠くなって横になるのでした。それでも朝ドラの終わった時刻には、朝食の後片付けを終え、さっさと洗濯物も終わらせて、着替えを済ませた女将がもう起こしに来る。彼女にしてみれば、国立の美術館に自分の作品が飾られるのは、一年に一度の晴れの舞台なのだから、亭主も必死で駅までの道のりを歩き続ける。昨日よりは涼しい朝だから心地よい。

弱冷房車の車両の位置も覚えたので、今日は快適に電車で移動が出来た。連日のお出かけとあってか、疲れているらしい女将は隣の席ですやすやと眠っている。朝食後の仮眠が功を奏したのか、亭主はまったく眠くないから困った。昨日来たばかりの乃木坂の駅で降りると、美術館への通路は何故かもの凄い人の数。朝刊を読んで来た女将が、「今日からルーブル展が始まるのよ」と、今ごろになって言うから面白い。人混みをかき分けて書法展の開場に辿り着く。

昨日が休館日だったからか、こちらも一階の入口はかなり混雑していて、展示場所を調べるコーナーも行列が出来ていました。社中の入選者の名前を二人で調べて、やっと展示場に向かえば、二階、三階の展示場に行くに従って人の数は減ってくるから不思議なのです。お目当ての作品をしみじみと眺めて、他の入選者のそれと比べて見るのだけれど、書体の種類も多く、最近では調和体という和漢混交のものまであるから、奥の深いのがこの世界なのか…。

一時間足らずで会場を出て、昨日は美味しい鮨を食べたからと、今日はトンカツを食べようと事前に亭主が調べておいたミッドタウンにあるトンカツ屋へ向かう。実は、有名なピザ屋も近くにあったので、ちょっと悩んだのだけれど、「いつもトンカツを食べたいと言っているのだから」と言う女将の一言で昼食場所を決めたのです。お目当ての店に着けば、運良くまだ昼の混雑前で空いていて、お勧めの料理を二人で注文する。亭主は珍しく生ビールを頼んだのでした。

ルーブル展初日の美術館は長蛇の列でしたが、街にも次第に人が溢れて、平日でもやはりこんなに沢山の人が出るのかと、久し振りに都会の賑わいを肌で感じる女将と亭主。簡素な作りのトンカツ屋の店内も、あっという間に満席になって、若いホールスタッフが忙しそうに立ち動いているのでした。帰りは赤坂の地下鉄の駅から電車に乗って、家路につく二人。二日間の都内往復はそれなりに体力のいる活動で、団地の駅から自宅までの距離が遠く感じられた。

2時過ぎに家に着いた亭主は、シャワーを浴びてまた一眠り。夜の防犯パトロールの前に、また蕎麦屋へ出掛けて仕込みを続けなければならなりませんでした。気温は下がったとは言え、湿度が高いから、少し動くともう汗が噴き出るのです。明日の営業のために買い残した食材を仕入れに、隣町のスーはパーまで車を走らせて、結局、夕食は食べずに夜の巡回に出る。9時前に家に戻って、軽い夕食を食べながらアジア大会の中継を観る。疲れた一日です。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 芸術. Bookmark the permalink.