久々に美術館に出かけてみれば…

昨日は、夕刻のデイパトロールで歩き回ったからか、早く休んだ夜は目を覚ますこともなく朝までぐっすり眠ることが出来ました。いつもの朝よりは涼しかったので、pekoもよく眠れたのか、元気に蕎麦屋回りの散歩に出掛けるのでした。庭の朝顔が昨日にも増してびっしりと花を咲かせて、「今朝が一番綺麗よ」と喜ぶ女将の声が聞こえる。蕎麦屋の下の階段を昇れば、お隣のひまわり畑も随分と沢山の花が咲いているのでした。さすがは農家のお爺さん、感謝感謝。

古くから団地に住むご近所は皆さん花好きで、この時期も何かしら通りに面して花を咲かせているから目を楽しませてくれるのです。今年は百日紅も随分とよく咲いたと、昨日パトロールで一緒だった年配の奥様も言っていた。暑苦しい南国風のノウゼンガズラは、確かに梅雨の終わりの時期と二度咲いているから、今年はやはり暑い日が続いたのです。今日は、女将と六本木の新国立美術館に出かける予定なのでしたが、その前にお袋様と今週の仕入れに行く。

農産物直売所で顔見知りの農家の奥様に挨拶をして、「いつもオクラを天麩羅に使わせてもらっていますよ」とお礼を言う亭主。今週はナスやピーマンは蕎麦屋の常連さんに沢山頂いたから仕入れずに済んだ。蕎麦を食べる値段よりも値の張るお土産を毎回持って来て下さるから、恐縮至極なのです。隣町のスーパーに出かけて見ると、今朝はミツバもパフリカも椎茸もまだ荷が入っていなかった。火曜水曜は野菜の日と銘打っているから、助かるのだけれど。

こちらが仕入れに行く時間帯が早すぎるらしい。蕎麦屋へ戻って仕入れた食材を収納していたら、隣のひまわり畑でお爺さんがトラクターを走らせている。どうやら雑草が生えないようにひまわりの間の土を掘り起こしている様子。外に出て「随分咲きましたね。有り難うございます。お店のお客さんも喜んでいますよ」と亭主が挨拶をする。90歳近い年齢だというのに、毎日、本当によく働くから頭が下がるのです。家に戻って、早速、駅まで歩く準備をするのでした。

普段、雪駄しか履かない亭主が革靴を履くのはほぼ一年振りか。靴下を履かなければならないのがまた億劫で暑苦しいのです。女将と二人国道までの近道を歩いて、涼しいとは言いながら、次第に汗ばんでくるからやはり湿気が多い。普段も歩き慣れている女将の方は、しっかりと家々の日陰になった部分を歩いているからさすがなのです。30分近く歩いて、汗だくになったところで、今度はクーラーの効いた電車に乗り込むのだから、身体の調子が悪くなるはず。

ところが、1時間以上も電車を乗り継いで、乃木坂の駅の改札口を出たところで、二人の目が点になったのです。なんと、新国立美術館は定休日で「出口通路は使えません」と張り紙がしてあるではありませんか。美術館の定休日は月曜日とばかり思っていたから、二人ともまったく意外で呆然と佇むのでした。やはり定休日だとは知らなかったと、老夫婦が壁際で立ち尽くしている。このまま帰るのでは悔いが残ると、調べておいた美味しい寿司屋へ向かうのでした。

入口近くのカウンターに座れば、奥行きのある店内には名のある書家の書いたらしい作品が並んでいるではありませんか。「……花は咲く?」と亭主が読むと、板場の親爺様がうんと頷いて、「念ずれば…」と前の文字を読んでくれた。脇の壁一面に智恵子抄の一節を書いた大作が飾られている。「美術館の傍だから」と女将が言うから「お客さんでいらっしゃるのでしょ」と亭主がフォロー。美味しい店には著名人も集まるもの。小さなシャリに載ったネタも最高でした。

結局、美味い鮨を食べただけで、また電車にゆられて家まで帰る。「電子レンジが壊れたので、ご飯を温められないのよ」と、昨日から女将が言っていたから、ショッピングモールの電気店に行って、操作の簡単なレンジを買って帰る。どおりで今朝も珍しく亭主と蕎麦を食べたわけだ。少しのご飯を蒸かし釜にかけるのも面倒らしい。「明日もう一度行くの?」と女将が言うものだから、仕入れも仕込みも夜のパトロールあるけれど何とかなると、昼飯の場所を調べる。

This entry was posted in 日常, , 芸術. Bookmark the permalink.