平日の夜に常連さんの会食を引き受けて…

自宅のウッドデッキから眺める綠の景色は、そろそろ夏の近いことを物語っています。昨日も朝から雨が降ったり止んだりの天候でしたが、蕎麦屋は開店前から閉店後まで、ずっとお客が入っていました。不思議なことに、定休日明けの木曜日は、このところ毎週土日並みにお客があるのです。それに比べて、今日の金曜日も先週に続けてお客の数が圧倒的に少ない。定休日が明けて二日目に、売れ残った蕎麦を家に持ち帰るのも、何となく気の重い話なのでした。

それでも、毎朝蕎麦打ちが出来るのは嬉しいことで、昨日は、特に、常連さんに頼まれて夕刻から貸し切りで店を開けたので、朝の6時と8時とに二度にわたって蕎麦を打つことが出来ました。pekoの散歩に出掛けて漬け物を糠床から出して家に帰り、朝食前にまた蕎麦屋へ行って一度目の蕎麦を打ち、朝食を食べに戻って今度は昼の営業のために店に出掛けて二度目の蕎麦を打つ。家から仕事場が近いのが幸いして、何度も行き来するのが億劫ではない。

今日から、駐車場には新しい幟が立ちました。去年、作った店の幟が大分色あせてきたので、今年は少し明るい緑で新しい幟の製作をお願いしてあったのです。周囲の森や畑と建物との違和感がないように、自然の中にある色使いをと頼んだら、さすがは幟作りのプロで、亭の景観を損なわないような素敵な色に仕上げてくれました。遠くから蕎麦屋と分かる派手なものではないけれど、昼の常連さんたちも「新しくなりましたね」と、気づいてくれたのが嬉しかった。

ひとしきり混んだ日中の忙しさが終わると、亭主はそのまま蕎麦屋に残って、早速、夜の仕込みに入る。値段だけ決めていただいて、メニューはお任せだから、普段は出来ない何かお客様の印象に残るお料理をと、二週間ほどかけて試作を繰り返してきた品々です。懐石風情のコースで10品だから、一品一品は少なくて質のよい食材を使うように気を遣いました。付け出し三点盛りの次にお出ししたのが、普段は作らない海鮮サラダ。彩りと食感を追究しました。

レタスの上には新玉葱をスライスではなく粗いみじん切りにしたものを敷き詰め、人参と大根を1.5センチ角の棒状に切って塩でしんなりさせたものを乗せます。その上に甘エビとスモークサーモンを張り付けるようにおいたら、二色のパフリカをスライスしてふりかけ、糸作りのイカを網目状に配置したら、最後にアボガトを7mm角程度に切って散らす。特製のドレッシングでお出ししたのですが、しゃきしゃきからとろーりの4種類の食感を味わっていただけたでしょうか。

箸休めには、石垣島から贈って頂いたモズクに乱切りにしたキュウリと蛸を、煮物の代わりに、出汁巻き卵の上に鰻の酒蒸しを載せて熱いうちにお出しした。天麩羅と蕎麦が〆の料理で、デザートには水羊羹と型抜きした果物の一皿。お酒を召し上がりながらの二時間半の会食は、静かな会話も弾んで、皆さん「とても美味しかった」と言って帰られたから好かった。いつもいらっしゃる奥様が、「ちょっと値段が安すぎるんじゃない?」と言われたけれどこれで十分。

昨夜は9時過ぎに家に帰って夕食だったから、いつ眠ったのかも覚えていませんでした。今朝も目は覚めてはいるのだけれど、なかなか床から起き上がれない。やはり、当日までは調理も楽しみで元気にこなしても、平日の夜の営業は、隠居仕事にはきついのかも知れません。今朝もpekoの散歩の折にぬか漬けを取り出して、朝食前に朝風呂に入って、8時前には蕎麦屋へ出掛けたものの、何となくからだが重いのです。蕎麦打ちを始めるとやっと目が覚める…。

いつもと同じに料理を仕込んで、お客を待つのでしたが、さすがに今日はお客が少なくて助かったという気がします。売れ残ったサラダや蕎麦を家に持って帰ったら、「昨日が忙しかったから、ゆっくり休めてよかったわね」と、女将も同情してくれたから気が楽でした。彼女の書のほうも、昨日よりはよく描けたと言うから、今月末の締め切りまで、大変な日々が続きそう…。さて、亭主の方は月末に引き受けた地域の懇親会に向けて、また、メニューを考えなければ。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 未分類, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.