暑すぎる昼…

昨日の蕎麦屋の混みようで、今日は小鉢も蕎麦豆腐もデザートも何もなかったから、今朝は無理をして5時起きで一人蕎麦屋へ出掛ける亭主でした。朝飯の前に一仕事しておかないと、到底終わる仕事量ではなかったのです。朝日の昇る時刻には出汁を取り、蕎麦汁を仕込んで、米を研ぎ炊飯器にかけたら、蕎麦豆腐とデザートを仕込んで、洗濯物まで干したりと大忙しなのでした。小鉢には何もなかったから、キュウリを塩で押し漬けして、梅和えを作る準備。

帰宅途中でみずき通りを渡ったら、ちょうど女将がpekoの散歩で蕎麦屋を回るところに出くわした。いつもの朝よりは涼しかったのか、pekoが元気で歩いて行くので、亭主は安心して家に向かうのでした。家に着く前にpekoと女将が亭主に追いついたから、今朝は随分と歩くのが速いのです。朝食を終えて横になって一休みしたら、朝ドラも終わってもう出掛ける時間です。蕎麦屋で挽いておいたコーヒーを飲みながら、今朝の段取りをもう一度復唱してみるのでした。

夕べ追い打ちをした蕎麦は3人分しか残っていなかったから、今朝は800gを打って12人分の蕎麦を確実に用意しようと考えました。定休日前の月曜は、今月の最大人数で12人だから、これ以上お客は来ないだろうと考えたのです。もちろん、一人前には満たない束がいくつかあるので、大盛りにも対応が出来のです。いつもの750g だと、9人分に満たないことがあるので不安。加水率は昨日と同じ40%強でしたが、集中が途切れた後半に多少切りむらが出来た…。

身体が相当に疲れていると自分でも感じたから、やはり体力は付けておかなければならない。これだけ毎日研鑽を続けているのに、最後の束になると手前側が太めに切れることがあるのです。姿勢の問題かとも考えて、注意してみるけれどそうでもない。もしかして、本伸しの際に巻きを棒に巻かないで伸したときに、上下の端の方が上手く伸し広がらないからか。でも、畳んだ際に手元の側は、上下の端の部分ではないから、やはり包丁切りに問題がありそうだ。

今日のデザートには、粒餡があったので、久し振りに蕎麦羊羹を仕込んだのでしたが、しばらく作っていなかったから、蕎麦粉の分量が多すぎたらしい。そう言えば以前は寒天は使わずに、硬くなりすぎないようにアガーを使っていたと記憶が戻る。蕎麦粉が多いと蕎麦掻きではないけれどねっとりとしすぎて、寒天を沸騰させる前に鍋の底が焦げてしまう。蕎麦豆腐の時に使っているタピオカ粉を上手く使えないからしら、今度、海メロに行ったら奥様に聞いてみよう。

というより、試行錯誤で自分で作ってみた方が早いか。沖縄のジーマミ豆腐のようにぷるんとした食感は、菓子類にも応用が利くはずなのです。今日の小鉢には女将の作った大豆と昆布と人参の煮物に、今朝漬けておいたキュウリに梅を和えて若布とブロッコリーを入れてみました。夏の野菜が皆高くなったから、残った食材は有効利用しないといけない。昨日、習志野の常連さんが持って来てくれた山ほどの夏野菜も、今週から大活躍するはずで、何を作ろうか。

隣の畑のひまわりが昨日今日で随分と咲いてきた。景色のプレゼントをしてくれた当のお爺さんが、電動の三輪車で今日も蕎麦屋の前を走って行った。トラクター以外は車の運転を止めたと言うから偉いものです。それにしても今日はお客が少なかった。遅い午後に、常連の小学校の女先生がいらっして、寛いだ顔つきをしていたから話をすれば、整体に行ってきた帰りなのだと言う。仕事に出る前に蕎麦屋へ行こうと決めていたのだそうな。人の輪の繋がりを思う。

定休日前は、残った食材の始末に追われる。天麩羅の具材は揚げてスタッフと手分けして家に持ち帰る。だから、霊犀亭の食材は週毎に新鮮なものを仕入れているという勘定。暑い夏場は、それでも不安だから、小分けして週に何度か仕入れに出掛ける。午後は地域のデイパトロールがあったから、家に戻って一眠りしたら、眠気が覚めずによろよろとしながら出掛けて行く亭主。明日は朝の仕入れが終わったら、女将の入選した読売展の見学に出掛ける予定。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.