熱波の中を…

昼夜と混んだ土曜日の翌日は、蕎麦も残っていないから、早く出掛けて二度打ちをしなければならい。夕べも早くに休んだのに、暑さで夜中に何度か目覚めたものの、今朝はなかなか起きられなかったのです。隣の農家のお爺さんが、蕎麦屋の窓から見えるようにと植えてくれたひまわりがやっと花を咲かせている。向かいの畑では、朝から刈り取った草を燃やす親爺様。農家の人々の仕事も休みがないから大変です。元気をもらって、米を研いで蕎麦打ち室に入る。

室温はエアコンを入れても朝から28℃、湿度は50%。加水率40%強でしっとりとした柔らかさの生地を捏ねる。水回しさえ上首尾に終われば、包丁切りまで失敗しないのが最近の亭主の蕎麦打ち。今朝も17人分の蕎麦を用意して、開店の時刻まで仕込みに専念する。昨日は都内で書法展の祝賀会に参加した女将も、疲れているだろうに朝から小鉢の盛りつけに忙しい。月の終わりの週末だからか、今日もサウナのような暑さの中を、大勢のお客がいらっしゃった。

駐車場が常に満杯の状態なので、何台か帰られるお客がいる。分かってはいるけれど、対応の仕様がないのです。小さな蕎麦屋は、車3台止められる駐車場が一杯ならば、もう店の中もカウンターの隅が空いているだけのスペースしかないから、これはもうお客様に分かっていただくしかないのです。厨房に一人の亭主も一度にはそんなに沢山の調理が出来ないから、それでちょうど好いと思う。今のメニューの数をこなすには、昼に15人ほどの数で精一杯です。

だから、蕎麦も15食前後しか打たない。今日は昼の営業で二箱の生舟に一杯だった蕎麦が、ちょうどラストオーダーの時間になくなったから、理想的な昼の終わり方。若いカップルのお客が、「もう売り切れなのですか」と尋ねるから、「閉店15分前がラストオーダーなのでちょうど好いのです」と応える亭主。それから洗い物と後片付けに、夜の蕎麦の追い打ちと仕込みがあるとは、お客の側からは分からない。昼も食べずに夜も開店前まで蕎麦を打つ亭主なのでした。

電話が入って「お蕎麦は残っていますか」と優しい声で尋ねるご婦人。「お待ちしています」と言えば、6時前に歩いていらっしゃった。「歩いてくれるから助かるわ」と、まずはビールと蕎麦豆腐を召し上がって寛がれる。続けて若い子供連れのご夫婦がご来店で、若いだけに沢山のご注文。昼の疲れか暑さのせいか、妙に頭がクラクラとするので、女将に電話をしてSOS。小鉢も何もなくなって、明日の仕込みは明朝に持ち越して、森に昇った満月を眺めながら帰宅。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.