熱風の吹く午後…

今朝は寝坊をしたので顔も洗わずに蕎麦屋へ直行なのでした。朝顔の綺麗に咲いた姿は見損なったけれど、朝ご飯におにぎりを作ってもらって、厨房で冷やした蕎麦茶を飲みながら一息入れる。昨夜もアジア大会の水泳の最後の種目を見届けて、早く床に就いたのでしたが、蕎麦屋のブログを書くのを忘れて夜中に起き出したのがいけなかった。それでもトータル8時間は眠っているから、十分な睡眠のはず。いの一番に、今朝の蕎麦打ちをして眠気を覚ます。

夕べ出汁取りに来たときに漬けておいた糠漬けも、気になるところなのでしたが、こちらも好い塩梅で仕上がっていたから嬉しい。今日のの小鉢は唐辛子と海老味の冬瓜。やはり塩味で薄口醤油を使った方が味も好く色も好い。綠の添え物にはアスパラの好いものが仕入れられたから、そっと添えてみたのでした。出汁の味が抜群だから、これはかなりの自信作。野菜サラダの具材を刻み終えて、亭主が奥の座敷で一休みする間に、もうお客がご来店なのでした。

初めてのお客様らしく、メニューを見て何にしようかと考えているらしい。「沢山あるから何にしようかと悩んでしまう」とは、奥様の言葉だとスタッフが言う。結局は、ぶっかけ蕎麦とカルビ丼とせいろ蕎麦セットのご注文で、次のお客の来る前にと、急いで調理を開始する亭主なのでした。外は天気は好いのでしたが、風も強く、こんな日にはお客が少ないのがいつものケース。それでも昼過ぎから次々とお客が入って、ヘルシーランチセットも幾つか出たので嬉しかった。

毎朝刻む野菜サラダや蕎麦豆腐は、ランチセット以外ではあまり単品で出ることが少ないのです。それでも今日は、天丼とせいろ蕎麦のセットメニューや蕎麦豆腐の単品でのご注文もあって、いろいろな調理が出来たので飽きないというか、変化があるので楽しかった。昼の10人ぐらいのお客なら、亭主もスタッフも余裕でこなすのが開店四年目の実力か。女将が書法展の祝賀会とやらで都内に出ているから、今日はスタッフに休日出勤をお願いしてあったのです。

小さなお子様連れの若いご夫婦がいらっして、ご主人が子どもを連れてしきりに店の外に出るものだから、「子供は泣くのが仕事だから、気にしないで好いですよ」と亭主が言う。そしたら、テーブルの陰でもう一人泣き声が聞こえると思ったら、生後二ヶ月だと言う赤ん坊が覆いをかぶせた小さな籠で泣いているではありませんか。「出してやりなさいよ。可哀想だから」と言えば奥様が抱いて直ぐに子供は泣き止む。聞けば子供連れの客を入れない店もあるのだとか。

隣のテーブルに座っていたご夫婦が、その話に興を示して、「家の近くの店でも10歳以下のお子様お断り」なのだそうな。街中の店ではないから、うちはお客も皆さん大丈夫と、亭主が自信を持って応える。まあ、店内が満席の時に、小さなお子様連れのお客が来ることも少ないからという経験からなのです。隣のひまわりは畑にはぽつりぽつりと花が咲いて、今日の強い風に煽られている。お隣のお爺様は、昨日のうちに草刈りまでしてくださった様子。有り難いこと。

女将は都内で書法展の入選祝賀会だったから、家に帰ってpekoに夕食をやるのが亭主の仕事。ついでに一眠りして夜の営業に備えたのです。それでも心配だったから、4時にはそば屋へ戻って明日の仕込みを済ませる。営業の時間だからと幟を出して、暖簾を出し忘れていたところに、駐車場に車が入ってくる。ご夫婦お二人かと思ったら、ぞろぞろっと、お子様を含めて6人も乗っていたから驚きなのでした。急遽、「お蕎麦売り切れ」の看板を出す始末なのでした。

聞けば、先日、常連さんと一緒にいらっした小母様のご家族なのだとか。お子様たちにはせいろ蕎麦の大盛りを一つ頼まれて、ビールに日本酒、おろし蕎麦に天せいろと、一つ一つ丁寧に作って差し上げる。待っている間に、昼の残りの野菜サラダやお子様にはデザートをお出しして、無事に6人分の料理をお出しする。和やかな夕食のひとときを過ごされて、「有り難うございます」とお客が言うから、「こちらこそどうも有り難うございました」と応える亭主なのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 星・月, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.