スコールと強風と…

今朝も午前5時に目覚めた亭主は、5時半にはpekoの散歩に出掛けるのでした。庭の朝顔も昨日にも増して沢山花を咲かせています。雲の多い、今にも雨が降ってきそうな空模様で、蕎麦屋を回って、蕎麦豆腐を仕込んだり、昨日の洗い物の後片付けをしている間に、ぽつりぽつりと雨は降りだしたのです。女将と二人で朝食を終えた頃には、ザーッと激しい雨の降りようでこれはまるで亜熱帯のスコール。綺麗に咲いていた朝顔も一瞬のうちに萎んでしまいました。

7時を過ぎても降り止まないから、亭主は書斎に入ってまた一眠り。朝ドラの終わる時間には、女将が起こしに来てくれるから安心です。それにしても、もの凄いスコールなのでした。亭主が蕎麦屋へ出掛ける頃には、雨も上がって一段落。予報では昼間は風が強いと言うから、今日もあまりお客は見込めない。それでも、仕込みはしておかなければいけないからと、今朝の算段を考えながら蕎麦屋へ向かう亭主なのでした。向かいの休耕畑の雑草が妙に目立った朝。

隣の落花生畑は、年老いた小母さんと仕事のある息子さんとで毎日のように草取りをした甲斐もあって、綺麗に落花生が育っていました、それに比べて、背丈は高いのに雑草の繁殖は大変なもの。ご近所の農家でも顰蹙をかっているらしいのだけれど、この畑の持ち主も相当な高齢で、年に何度か草刈りに来るのだけれど、雑草の成長には到底間に合わないようなのです。家の掃除や庭の草木の手入れなど、決して人ごとではないものだから、思いに余るもの。

早朝のpekoの散歩でエアコンを入れておいた蕎麦屋は、湿気もなくて快適な状態で、コーヒーを一杯入れたらけさも元気に蕎麦を打つ亭主。平日の金曜日も、雨風のせいもあって、それほどお客が来るとは思えなかったけれど、16食の蕎麦を用意して、今日の開店を待つのでした。蕎麦打ち室の温度は27℃、湿度は57%だから、加水率は40%で昨日のように若干柔らかめ。それでも、包丁切りではトントンと軽快に切り進んでいくから、いい仕上がりなのでした。

生舟一箱に昨日打った蕎麦が残っていたから、今朝は一回の蕎麦打ちで済んだ。これで30分は時間が浮くから、仕込みにも余裕が出来るのです。11時になる頃には、準備か整ったのでかき揚げを揚げて、スタッフとぶっかけの賄い蕎麦を食べる。奥の座敷で一服していたら、開店時刻の15分も前に、暖簾も出していないのにリピーターのご夫婦が店に入ってきたらしい。早くても10分前と思っているから、こちらも準備が大変。急いで注文の品を調理し始めました。

そういうお客様は、「早くて済みません」といった言葉もないから、会話もせずに黙々とただ食べるだけ。取り付く島もないというのはまさにこのことか。まったくいろいろなお客がいるものです。今日は、リピーターのお客様ばかりで、カウンターに座った若いお婆様とお孫さんも見覚えがあった。「夏休みももうすぐ終わっちゃうね」と、小学校の3年生だという男の子に話しかければ、「早く終わって欲しいわ」とお婆様。毎日、孫の世話をするのに疲れてしまったのだと言う。

考えてみると、今日もほとんどが女性のお客様なのでした。ご飯物とせいろ蕎麦のセットは出ないけれど、ヘルシーランチセットも出るから、仕込んだいろいろな食材が無駄にならずに嬉しいことなのです。1時半を過ぎたら、もうお客の来る気配はなかった。少しずつ片付け物を初めて、ラストオーダーの閉店15分前には、大釜の火を消して暖簾をしまう。今日こそは、床屋へ出掛けようと、スタッフと共に早めに店を出る。帰りにまた蕎麦屋へ寄って糠漬けを漬ける。

そして、出汁を取って蕎麦汁を作り、明日の小鉢にと冬瓜と海老の煮物を仕込んでおく。赤唐辛子を刻んで塩味をベースにピリ辛仕上げでとろみを付けた。隠し味には砂糖少々。鶏の胸挽きとのあん掛けとは違って、あっさり味で、見た目もいいかも知れない。グリーンアスパラでも添えてお出しすればいいだろうなどと考えていたら、「どこにいるの?」と、女将から電話。スポーツクラブからやっと帰ったらしい。亭主は床屋と明日の仕込みでプールへも行き損ねた。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.