また真夏に逆戻り…

八月も下旬だから、朝の五時半の太陽は、もう少し光が弱くても好いのに、今朝はやけに眩しい日の出過ぎ。しばらくエアコンを使わなくても涼しかったのに、昨日今日はまた暑さがぶり返してきた感じなのです。早朝の蕎麦屋の仕事もなかったから、pekoと公園回りの散歩道を歩く亭主。あちらこちらのご近所のお宅でも、朝顔が沢山咲いていました。花好きのお宅も多いから、見ているだけで気持ちが安らぎます。元気に家の下の坂道を登るpekoに引かれて帰宅。

今朝もとろろ芋と納豆で最後の蕎麦のひと束をぶっかけにして、簡単な朝食を済ませたら、挽きたてのコーヒー一杯を飲むために蕎麦屋へ出掛ける。お客に出すよりも自分で飲む方が多いから困ったものです。蕎麦屋を開業すると言ったら、「コーヒーも出しましょうよ」と言ったのは、確か弟の嫁さんだったか。型にはまらなくていいかも知れないと、ちょうど横浜の友人が贈ってくれたコーヒーが美味しかったから、以来、南蛮屋から高いコーヒー豆を仕入れている。

コーヒーメーカーに豆を入れて出来上がるまで、蕎麦豆腐を仕込んで、抹茶小豆の寒天を型に流し込んでおく。窓の外を見れば、お隣の畑のひまわりが一つ二つと咲き始めているから嬉しい。蕎麦屋の窓から見えるようにと、わざわざ広い畑の蕎麦屋側に種を蒔いてくれたお爺さんの心根が有り難かったのです。それが実に今日の青空によく似合った風景なのでした。コーヒーを飲んだら天麩羅の具材を切り分けて、もう今朝の仕込みは終わりなのかと考えてみる。

農産物直売所に行って、キュウリを買い足して、昨日見かけた冬瓜でも仕入れておこうか。去年も随分と重宝した野菜だからと車を走らせれば、早い時間だったから、まだキュウリは残っていたけれど、何処の農家でもそろそろ終わりの時期らしい。冬瓜も半分ほど売れて、ちょうど好い大きさがなかったけれど、丸い形の手頃な大きさのを一つ買い求めて、早速、蕎麦屋へ戻って切り分けたのです。四分の一を切り分けて、皮を剥き、塩擦りをして、下茹でをしておく。

ついでにブロッコリーも茹でて、冷蔵庫に入れておく。後は、翡翠色に茹で上がった冬瓜をどう味つけしようかと考える。出汁醤油には馴染むから、鶏の胸挽きと冷やし餡掛けにするか、海老を加えるか、綠にはオクラを添えれば好いだろうと、家に帰る途中で、また隣町のスーパーまでわざわざ鶏の胸挽きとむきえびを買いに出掛ける。女将はまだ帰っていなかったから、冷蔵庫の残り物で、カレー炒飯とコンソメスープを作ってやるのでした。もろ先週と同じパターン。

午後は冬瓜のそぼろ餡掛け作りと蕎麦汁を蕎麦猪口に詰めて仕込みは終わり。鶏の胸挽きなら油もほとんど出ないから、冷めても固まらないはず。確か去年もこの辺りから冬瓜料理を始めたはずなのですが、もう記憶にないのが怖い。今年は海老風味で餡掛けにしたり、とろろと梅干しでさっぱりと仕上げたり、まあ、新しくいろいろと考えてはいるけれど、これも記憶から消えてしまうかも知れない。「レシピは記録してるの?」とお客に聞かれることもあるけれど…。

現場で働く調理師が自分の料理のレシピを残すのは容易ではないと、自分でやってみて初めて判った。季節や食材の取り合わせ、味付けもいろいろなバリエーションがあるけれど、組み合わせは大体決まっているのです。すでに何処かにある従来のレシピを超える時が、記録すべき時なのかも知れないと思う。4時前に久し振りにプールに出掛けてひと泳ぎ。珍しく空いていたから、天窓から青空を見上げながら泳ぐのは気持ちが好かった。明日もまた暑いらしい。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.