相変わらず定休日も忙しい…

4時半起床で朝の5時過ぎにpekoの散歩を終え、6時過ぎにはもう一度蕎麦屋へ出掛けて明日の営業のために出汁を取り、蕎麦汁や天つゆを作る亭主。まったく、定休日とはいえ、営業日よりも予定がびっしりとつまっている。加えて、女将が昨日、お師匠さんの家に忘れた添削の作品を取りに、朝から一時間のドライブ。そして、9時には、お袋様と隣町まで仕入れに出かけるのだから、朝から分刻みで車を走らせるののでした。本当に、身体にいいのか悪いのか。

古くなって劣化した幟に替えて、新しい幟が届いたので、早速、取り付け作業をすませたら、仕入れてきた野菜の保存と、明日の夜の宴会の準備にかかるのです。蕎麦豆腐やデザートの水羊羹などは、小鉢の煮物を含めて今日のうちに仕込んでおかなければ、明日は時間が取れない。昼の営業を終えてからの準備には、時間に限りがあるのです。昼過ぎまで我慢して準備をしたけれど、2時を回ったところで、急に眠くなったから、家に帰って昼食を作る亭主。

食後に一眠りして、夕刻から今日三度目の蕎麦屋出勤。夜の防犯パトロールまでの1時間あまりの間に、仕入れてあった挽肉で、焼売と餃子を包んで、急速冷凍をする。こうなると単に蕎麦屋とは言いがたいけれど、いつか花開く日が来るのではと、自分自身に投資するのです。慌てて家に戻って集合場所の集会所に早足で歩く宵。小一時間ほどの夜回りは、湿気があるので汗だくになる。拍子木を叩いて団地の通りを1本1本歩いて回るのが月に二度の仕事…。

帰り道にまた蕎麦屋へ寄って、今度はぬか漬けを漬け込んでくる。蕎麦屋のミニ菜園で採れたばかりのナスとキュウリとを明日の朝まで漬けておくのです。9時過ぎにやっと家に戻って夕食だけれど、女将はもう風呂へ入って寝る準備。昼のうちにもう一度作っておいた海鮮サラダを持ち帰って試食する。人参と大根は千切りからマッチ棒の太さに替えて歯ごたえを出す工夫をした。イカの糸作りは上層部にパフリカと共に配置して、これにアボカドを散らせばいい…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.