秋風が吹いたのか…

最近は蕎麦屋の前の畑に赤とんぼが群れ飛んでいます。昨夜も夜の防犯パトロールの折に、皆で夜道を歩いていたら、誰かが「虫の声が聞こえますね」と言うのでした。耳を澄ませば確かにコオロギが鳴いているのです。ただし、巡回コースを回り終えたらもう汗だくで、とても秋の風情というわけにはいかなかった。今朝も7時前にpekoの散歩に出たのに、もう庭の朝顔は萎れ始めているではありませんか。朝の陽射しが今日はまた、格段に強いような気がした。

蕎麦屋へ寄って糠漬けを取り出して切り分けたら、小鉢に盛り付け、米を研いで炊飯器にかけておく。定休日明けの木曜日は、朝の仕込みの数も多いので、少しでも出来ることは早朝にしておこうというのです。暑い朝日を避けるように、玄関前の日陰に待ての姿勢で座るpeko。家に戻れば、亭主もpekoも朝食が待っている。朝食後のコーヒーを一杯飲んだら、「ヨイショ」と、かけ声をかけて洗面をして髭を剃る亭主。定休日には疲れ果て髭を剃る元気もないのです。

早朝の散歩で、エアコンを入れておいた蕎麦打ち室の気温は28度、湿度は40%だったから、加水率は39%強で、今朝は朝一番で蕎麦を二玉打つ。思った通りちょうど好い水加減で、指先に湿った感覚の蕎麦粉が絡みつく。切りべら29~30本で、ひと束130gの蕎麦を合わせて16食。実際には、切れ端の蕎麦があるから17食あまりあるのだけれど、これはお客には出せないから、賄い蕎麦で自分で食べる。今日も、お客の来ない合間に、しっかりと腹ごしらえ。

小鉢には、昨日の夕刻に漬けて今朝取りだしておいた糠漬けと、定休日の間に仕込んでおいた高野豆腐の煮物。今日はいつものスタッフがお盆の最後の日で休みだから、スポーツクラブが休みの女将が手伝いに来てくれる。亭主の隠居仕事も、一人だけでは立ちゆかないほどのお客の数になったのです。それでも、お盆の終わり頃からは、去年もお客の数が減っているから、今日も開店して1時間ほどはお客がなかった。来てくれるのは常連さんばかりで有り難い。

比較的若いお客さんたちだったから、カルビー丼や天丼セットなどの丼物とのセットメニューが随分と出て、今朝炊いたご飯がもう残り僅か。若いお客は食欲もあるので、ヘルシーランチのセットでも天せいろを頼まれる。野菜サラダも蕎麦豆腐もデザートも出るから、作った甲斐があるというもの。今日のデザートは白餡に巨峰を包んだ大福。ちょっと餡が多すぎて、大きめだったけれど「美味しかった」と言われてホッとする亭主。実は白餡で作った蕎麦羊羹も仕込んだ。

閉店15分前のラストオーダーの時刻になったら、お客がなければ暖簾を下ろして幟をしまう。洗い物も少なかったから、今日は早めに家に帰れると思ったら、食材を配送してくれる業者が来るのを思い出して、しばしの待ち時間。それでも、珍しく2時過ぎには到着して、女将と一緒に家路に就くのでした。今日も暑い日なのかと思っていたら、店の外は風が吹いていつもよりも涼しい。これは秋の風なのか。「目には清かに見えねども、風の音にぞ驚かれぬる」か…。

夏の野菜がずいぶんと高騰しているから、野菜サラダの食材の値段も馬鹿にならない。この間まで随分と安かったキュウリが何倍もの値段なので、今日は糠漬けもお休み。ミニ菜園のキュウリやナスも明日には収穫できそうなのでほっとしている。このところ、パイナップルが時期を過ぎたのかスーパーにも出ていないから、キウイに替えているけれど、これも値段は随分と高いもの。季節に応じてサラダの具材も替えれば好いのだけれど、色合いの問題もある。

夜は家の冷蔵庫に残った先週のナスやピーマンを使って、麻婆茄子を作る。ミニ菜園で採れたものや、お客さんが持って来てくれたものなど、消化しきれない野菜は中華風にするのが一番と、今夜も亭主が中華鍋を振るのでした。女将の食べやすいようにと、少しだけ甘めに味つけをして、二人で食卓を囲むのです。食後に女将がpekoの散歩に出る。亭主は椅子に座ってニュースの続きを見る。明日からは少し涼しい日が続くと言うけれど、台風は5日連続で発生。