またしても夏の陽射し…

終日雨だった昨日の天気から一転して、今朝は朝から太陽がまぶしかった。定休日だというのに、未明からpekoが枕元で亭主の顔をぺろぺろとなめ回すものだから、まだ眠たいと思うのだけれど仕方なく起き出す亭主。女将は起きる様子もなく健康な眠りそのものだから、きっと長生きするに違いない。pekoが朝飯を食べている間にお茶を一杯飲んだら、例によって蕎麦屋回りの朝の散歩に出る。さすがに休日モードだから身体もまだ目覚めてはいないのでした。

それでも、朝の青空とジリジリと照りつける陽の光を浴びたら、やはり目が覚めてくるから不思議。蕎麦屋によって新聞受けから新聞を取り、洗濯物を干したり、片付け物をしたりと、いつもの朝と変わらない。家に戻って、昨日の残りの蕎麦を茹でて、とろろ蕎麦にして食べる。今日も一日蕎麦を食べなければならないほど、昨日は店も暇だった。朝ドラの始まる時間まで、女将に言われて朝顔の誘引や、裏の無花果やタラの木の剪定を済ませる亭主は我ながら働き者。

それでも、満腹になってまた眠気が戻ったから、一時間ほど横になって眠るのは定休日の特権でしょう。今度はすっきりした頭で、今日一日の予定を組み立てるのです。まずは、蕎麦屋へ行って冷蔵庫の中身を確認して、今日のうちに仕入れなければならない物をチェックしたら、昼飯前に隣町まで買い出しに出掛け、昼食にまた蕎麦を食べ、女将を送っていく。午後は、女将を迎えに行くまでに明後日の会食に出すサラダの試作をするつもりでいるのでした。

女将を送った帰り道には、ホームセンターに寄ってペットショップや文房具店に立ち寄り、スーパーで新鮮な野菜や肉を買い込んでくる。週に車に乗る日が少ない分、出掛けた時には一どきに買い物を済ませてしまうとロスが少ないのです。しっかりと自分で飲む酒を買うのも忘れないから、そこは抜かりがない。家に荷物を置いたら、また、蕎麦屋にとって返し、女将を迎えに行くまでの3時間ほどの間に一仕事をするのが定休日の亭主の楽しみ。今日の課題は難問。

夏場に向けて仕入れてあるアイスコーヒーを、お客に出すとおりに、ガムシロップやミルクの分量も計って試飲をしながら、じっとサラダの器とにらめっこ。お題は「海鮮サラダ」なのですが、ネットなどで調べたレシピにはやはりこれだというようなものはない。自分の感性を信じて、新しく構築していくのがまた楽しいのですが、食材は決まっても、キャンバスに絵の具を乗せていくように、実際に盛りつけていかなくては、それがどんな具合なのかは分からないのです…。

具材を二人分用意して、彩りと食べた時の食感を思い描きながら、盛りつけてみるのですが、どうも何か足りない。ミニサラダ用の器では、皿の青地を見せようとすると、海鮮の具が大きすぎて、下に置いた野菜の彩りが消えてしまうのです。先付けの後に出すコース料理の一品だから、量は少しで好いのですが、見た目のインパクトと、味わいの確実さが欲しい。海老やスモークサーモンの上にイカは載せるべきで、あと少し綠が足らない。大根や人参も細すぎる。

女将から迎えに来てと電話が入って、車を走らせる午後の国道は渋滞していた。サラダの改善点をあれこれと思い描きながら、夕方の食卓には試作品を並べてみた。女将は女将で、今日はお師匠さんに「全然駄目だ」と叱られたと頭がいっぱいの様子。お互いに、自分の打ち込むものの課題が見えただけでも好いじゃないかと、サラダの綠にレモン汁に浸けたアボガトを加えて、これは彩りと食感として使えると頷く亭主。明日は、盛りつけとドレッシングに一工夫。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.