真夏に逆戻りのお盆前…

臨時休業で一日余分に休んだせいか、今朝は元気に目が覚めて、5時過ぎにはpekoと散歩に出るのでした。やはり、普段は疲れが溜まっているから寝起きも悪いのだろうか。朝食までには時間があったから、台風対策でウッドデッキに固めて置いた鉢植えを元に戻したり、二階の部屋の雨戸を開けて風を入れたりと、女将に言われる前にすべて片付けるのでした。そして朝食を済ませれば、8時前にはもう蕎麦屋へ出掛ける亭主。もう強い陽射しになっていました。

早朝の散歩の折りに、米は研いで大釜にも水を張ってあるから、コーヒーを一杯入れて、今朝の段取りを確認する。蕎麦打ち室に入れば、気温は27℃、湿度は57%だったから、加水率も40%で750gの蕎麦を二回打つ。少し柔らかい気もしたけれど、綺麗に伸して畳んで、切りべら28~30本で130gの束で17食分の蕎麦を用意する。駒板の押さえと包丁の切り滓を取るのを忘れなかった。来週は蕎麦粉の農場も盆休みになるけれど、なんとか粉は足りるだろうか…。

小鉢にはイカと大根の煮付けとキュウリと大根の浅漬けの二種類。万が一、足りなくなったら、インゲンにおろし生姜を添えて出してもいいけれど、世間ではお盆休みの前日で、それほどお客が来るとは思えない。むしろ、お盆休みで人の集まる明日からのほうが、蕎麦屋も混むかも知れない。葱切りを済ませ、野菜サラダの具材を刻んだら、今日はまだ開店まで時間があったので、かき揚げを揚げてスタッフとぶっかけで賄い蕎麦を食べる。腹ごしらえも大切なのです。

と、駐車場に開店を待つ車が一台。亭主が暖簾を出しながら、店の中へとご案内する。若いカップルでした。わざわざ鎌ヶ谷からいらっしたと言うから、有り難いことなのでした。以前にもいらっしたことがあるような記憶がある。おろし蕎麦の大盛りとせいろ蕎麦をご注文だったから、女性がせいろ蕎麦かと思ったら、男性がせいろを食べて、カレーライスを追加で注文なさる。さすがに多いのではと思ったけれど、「完食しました」と、若いだけに食欲も旺盛と見える。

その間に習志野からの常連さん母娘が、ご来店なのでした。また、両手に持ちきれないほどの野菜を持って来て下さったので、恐縮の至り。お盆は若奥さんがご主人の実家に帰ってしまうので、蕎麦を食べに来れないとお母さんの方が残念がっていた。臨時休業明けの今日は、お客さんは少なかったけれど、皆さんゆっくりと寛いでいかれたので好かった。スタッフのところでも、今晩から子供や孫たちが帰省して賑やかになるのだと言う。日本全国お盆の季節。

早めに家に戻って、売り上げと写真のデータをパソコンに入力する亭主。女将は遅い午後からスポーツクラブに出掛けるので、いつもなら亭主もプールへ行ってひと泳ぎするところです。ただ、この時期プールも子供たちで一杯だから、思い切って、懸案だったラーメン餃子を自分で作るという計画を実行に移そうと、釣り銭をつくりがてら、近くのスーパーまで買い物に出掛ける。鶏ガラと豚肉のブロック、挽肉、韮、そして豆板醤などなど、麺は個包装の細麺を買った。

鶏ガラと豚肉ブロックを大鍋で煮込みながら、餃子のキャベツや韮や生姜のみじん切りを済ませ、片栗粉と調味料を加えたところで、茹で上がってきた豚肉ブロックの半分を醤油と野菜を入れて中鍋で煮込んでいく。出汁が取れてきた大鍋のスープを加えて、ぐつぐつと煮込むから濃厚な味のタレに仕上がるのです。これがチャーシューとラーメンのタレを同時に作る秘訣。その昔は味の素や昆布を入れたりもしましたが、出来るだけシンプルに作りたかったのです。

出汁スープとタレを煮込んでいる間に、餃子を包んでいく。台所と食堂には、換気扇を回していても、甘い鶏ガラと豚肉と醤油だれの香りが充満してくる。臭いをかぎつけて居間からやって来たpekoが、しっかりと亭主の足元に待ての姿勢で座っているから邪魔でならない。帰って来た女将もこの美味しそうな匂いに誘われてか、「私もラーメン餃子で好いわ」と言うから珍しい事もあるもの。東京にいた頃の親爺様とお袋様譲りの元祖我が家のラーメンなのでした。