臨時休業…

風の音の聞こえる暗い朝でした。庭の朝顔もまだ寝ぼけ顔で、花を開ききっていなかった。暑い日よりも沢山の花が咲くのは何故なのか不思議。幸いにも台風が少し東側に逸れて、内陸の佐倉辺りまではたいした影響を及ぼさなかったらしい。風だけは強かったけれど雨も止んできた様子。警報も注意報に変わって、午後からは晴れてくるという天気予報もあるほどなのでした。早めの朝食を終えたら、早速pekoの散歩に蕎麦屋へ出掛けて、異常のないのを確認。

夕べ、近隣の学校のホームページを見ていたら、何処にも「休校」という言葉がなかったから、「変だねぇ」と女将に話せば、「夏休みだから授業はないでしょうに」と言われて目から鱗…。だから「生徒の活動は停止」などと書かれているのでした。このぐらいの風だけなら、蕎麦屋にももしかしてお客が来るかも知れないけれど、臨時休業の案内をしてしまったから、後には戻れない。夏休みのはずなのに、裏の幼稚園に園児が通ってきているのは何故なのだろうか。

きっと登校日なのだろうと女将と話して、朝食を取ったら今日の段取りを考えながらまた一眠り。昼前には目が覚めたので、一人でラーメンでも食べたいと近くのスーパーまで買い物に行くのでしたが、亭主のお気に入りのシマダヤはざるラーメンしか置いていなかった。仕方がないから、国産肉の赤身増量と書いてある餃子と合わせて買って帰る。麺は好かったけれど、ざるラーメンの胡麻だれは酢がきつすぎて美味しくないし、餃子も中身がすかすかでがっかり。

文句を言いながら食べていたら、「本当にうるさいお客ですね」と女将にからかわれながらも、やはり、汁も餃子も自分で作らなければ満足できないということがよく判った。先日来、中途半端な回鍋肉ばかり作った反動なのでしょうが、料理は納得して食べられなければ、腹ばかりふくれて空虚感が残るのです。蕎麦屋だからお客には美味しい蕎麦を食べてもらいたいのだけれど、自分ではたまには本格的なラーメンも食べたいと思うのでした。涼しかった台風一過。

午後は注文してあった天麩羅油や他の食材が届く日だったから、蕎麦屋に出掛けて掃除や仕込みをしながら業者の来るのを待つ。台風のお蔭で臨時休業にしたから、ゆっくりと休みすぎてなかなかペースが上がらない。一つ終えては一休みだから、時間ばかりがだらだらと過ぎていく。気分転換に洗濯物を取り込んだり、ミニ菜園に出て水遣りをしたり、やらなければならない仕事は沢山あるから不自由はしない。明日のデザートも久し振りにメレンゲ作りが楽しい。

抹茶の泡雪羹も白桃では色が目立たないからと、黄桃の缶詰を見つけてきた。どんな仕上がりになるのかがちょっと気になるけれど、丸ごと二つの黄桃を入れたら、400cc作った汁が豊缶に入り切らずに、別の型を用意しなければならなかった。これを冷蔵庫に入れて冷やしているうちに、抹茶の濃い緑のエッセンスが下に溜まってくるはずなのですが。お客には逆さまにして出すから、ちょうど二色のグラデーションが出来上がって目で見ても美味しく感じるはず。

やっと業者が品物を届けてくれて、取りあえずはお盆前は安心なのでしたが、会社で発注した天ぷら粉がまだ届かないという。来週には届けばぎりぎりだけれど、盆の休みに入るというので、遅れたら代用品を自力で捜さなければならない。いろいろな粉を使ってみて今の天ぷら粉にたどり着いたのだから、今更、業者の勧める粉を使うのも躊躇われるのでした。あまり、こだわらなければ、値段も安くて済むには違いないけれど、果たして何処まで譲歩できるのだか。

やっと午後の仕込みを終えて、帰りにコンビニに寄って今夜の酒を買う。あまり選べないのが残念だけれど、ここの店ならこの純米酒と決めている。夕食には久し振りに女将の作る美味しい揚げ出し豆腐を食べた。なめこと大根おろしと出し汁と、しばらく忘れていた味なのでした。今日は新聞に書法展に入選した自分の名前が載ったのが嬉しかったと、しみじみと話す女将なのでした。月末にでも二人で六本木へ出掛けよう。さあて、臨時休業明けの明日はどうか。