終日雨の一日は…

今日は一日中雨という予報だったので、珍しく長袖を着て蕎麦屋へ出勤する。昨日の夜の片付け物を済ませて、1kg の蕎麦を打ち終えたら、今朝は、涼しいからと蕎麦饅頭を作り始める亭主。明日からは定休日だから、他のデザートなら出なければ廃棄しなければならないけれど、饅頭は蒸かしてすぐに急速冷凍すれば保存が効くからでもある。炊きたてのご飯を急速冷凍するのと同じで、レンジで温めれば出来たての状態でお客に食べていただけるのがいい。

今日の小鉢は、キュウリとナスのぬか漬けで、昨日の晩に漬けたもの。「このぬか漬け美味しいわ」と、今日いらっしたお客が言っていた。糠の管理は勿論大切だけれど、素材の新鮮さがやはりものを言うのだと思う。採れたての茄子は、やはりスーパーで買った物より色落ちがしない。見た目が綺麗ならば、後は糠床の善し悪しと漬け込む時間がポイントで、昨日は暑かったから、念のために糠床そのものを冷蔵庫に入れて、少し長めに漬けておいたのでした。

蕎麦饅頭の一部は、今日のお客のために皿に盛ってカウンターに並べておく。その皿は幼なじみの陶芸家が開店記念にと焼いてくれたのだけれど、使う度に彼女を思い出すから、箸置きにしても湯飲みにしても、日常の小物はなかなか隅に置けない。雨に降り込められた霊犀亭は、月曜日と言うこともあってさすがにお客が少ない。スタッフが自宅の庭から摘んで来てくれたかすみ草や紫陽花の花が、ひっそりと店内に…。思いやりのある人々に囲まれる幸せ。

お客が多くても少なくても、毎日用意する料理にはあまり変わりがない。包丁の練習と思って、時間内にその日の予定数だけ準備する。それでも今日は時間があったから、出汁巻き卵を焼く練習をしたり、天麩羅の具材を残さないように揚げ物に精をだしたりしていた。お客のいない閉店間際には、とうとう賄い飯にぶっかけ蕎麦を作って食べる。これがまたいい味をだしていると自画自賛していれば世話がない。スタッフと共に静かに撤収の準備を開始するのでした。

今日は、朝昼晩と店で売れ残った蕎麦を食べた亭主。女将も朝晩と付き合ってくれる。夜は何時ものプールへ出掛けて、ただ黙々と泳ぎ続ける。店のカウンターに飾ったテングカワハギの写真を見て、今日のお客が「海にも潜っていらっしゃるんですね」とおっしゃるから、「はい、それも趣味の一つで…」と応える亭主。去年も、この雨の時期はお客が激減したから、梅雨休みをいただいて南の島に出掛けたのでした。今年は、もう少し頑張ってからお休みをもらう予定。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.