昨日よりもさらに暑い夏の陽射し…

朝が少し涼しかったら、庭の朝顔が一斉に咲き出していました。早い時期からあまりの暑さでなかなか聞けなかった蝉の鳴き声と同じで、頃合いを見計らっているかのよう。定休日一日目の亭主の朝は、6時前から通りに面した木槿の剪定です。これ以上遅い時間になると、もう暑くて動く気がしない。ご近所の手前、電動バリカンは使えないから、脚立に昇って鋏で一本ずつ枝を落としていく。短パンTシャツ姿だったから、蚊の猛攻に遭ったけれど、小一時間で終了。

やっと起き出した女将が、切り落とした枝をゴミ袋に詰めてくれた。取りあえずは通りの側だけ綺麗に剪定したから、庭側と上部は夕刻にでもバリカンで刈ってしまおう。朝飯前に一汗掻いて、食事を終えたらまたひと眠り。最近は本当にpekoに似てきたと自分でも思うから世話がない。お袋様に電話をして、車でマンションまで迎えに行く。9時前だというのに、もう陽射しが強く、今日も相当な暑さになりそうなのでした。いつものように近所のスーパーや直売所を回る。

蕎麦屋へ戻れば、朝日の当たる店の中は蒸し風呂のような暑さ。エアコンを入れてまずは冷たい蕎麦茶を飲む亭主。今朝はpekoの散歩は公園回りだったから、蕎麦屋に来て昨日の洗い物を片付ける暇がなかった。仕入れた荷物を厨房のあちこちに置いて、次々と冷蔵庫に収納し始める。生椎茸をパックから取り出して、ストレスを取り除いてやる。午前中に仕込みの出来るものは調理台に載せて、大小の鍋の湯を沸かし、小豆とカボチャを煮て小松菜を茹でる。

週の初めの小鉢は従姉妹煮と決めた。小豆は冷凍しておけばデザート作りにも使えるので、何かと重宝。アイスコーヒーを飲みながら、滴る汗をタオルで拭いて、時間を掛けて煮物をする。その間に大鍋の湯が沸くから、小松菜を固めに茹でて小分けにパックしてこれも冷凍。調理台が片付いたところで、やっと昨日の洗い物を戸棚にしまう。最近は、あまり沢山の小鉢を用意しても、残ってしまうだけだと気が付いたから、定休日の初日はこれで仕込みは終わり。

昼はスポーツクラブから帰った女将と、何十年ぶりかでたこ焼きを作って食べる予定でした。長い間、使っていなかったたこ焼きの道具を捜すことから始まって、コンロの上で温めて油通しをしたのだけれど、これが十分ではなかったらしく、見事に溶いた粉がこびりついてもんじゃのようになってしまうではありませんか。火の通ったところで形の悪いたこ焼きもどきを二人で笑いながら食べる。子どもたちのいた頃はよく使っていたから、美味く焼けたのにと残念がる。

昼食の後はまたしても横になってぐっすりと寝込んでしまう。暑い最中にエアコンの効いた部屋で昼寝をするから、身体にはいいかも知れないけれど、よくもこんなに眠れるものだと自分でも感心するのです。目覚めればもう夕食の時間だから、昼のたこ焼きのお詫びに、女将の好物の鰻の蒲焼きを蕎麦屋に取りに行く。丑の日に備えて用意はしているけれどなかなか出ないので、最後は自宅で消化するしかない代物なのです。ついでにスーパーへ足を伸ばす。

夕飯の支度が出来るまでと、やっと涼しくなった庭に出て、朝の仕事の続きを始める亭主。電動バリカンを倉庫から取り出して、ものの20分ほどで綺麗に形を整える。明日はゴミを出す日だから、今日のうちに終わらせて欲しいと言われていたのでした。床屋に行った後のように、綺麗に木槿が刈り揃えられて、見るからに剪定したとわかるからいい。隠居蔟の多いこの界隈では、庭師を入れるか自分で手入れをしないと、汚い家だと皆に思われるらしいのです。

やっと夕食の鰻重が出来上がって、久々に贅沢な気分で食卓に付く。ご飯を食べたいからと、亭主も珍しく酒を飲まない。考えたら昨日の刺身の倍の値段だから、さすがに昨今は鰻が高いものになった。明日はもう一度たこ焼きに挑戦しようか。昼の間に蕎麦屋の仕込みを終えて、プールへ出掛けて泳いだ後で、夜のパトロールをこなせば、八月の初日は終わるのかと思うと、何か寂しくもある。食べては寝てばかりいるものだから、生き生き感がないのかしら。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 未分類, . Bookmark the permalink.