台風一過 夏の空…

涼しいうちにpekoの散歩に行こうと6時過ぎに家を出れば、まだ、台風の影響が残っているのか、時折、強く雨の降る空模様でした。昨日の夜の営業は台風通過の爲に、臨時休業にさせてもらったのだけれど、蕎麦屋へ行ってみれば、カッシアの枝が夜の強風で根こそぎ倒れていたから驚きでした。秋口に黄色い花が咲いて、ご近所の人からも素敵な花だと、その名を聞かれることが多かったのに。喫煙所の灰皿スタンドも倒されてやはり暴風雨の警報通りだった。

昨日の洗い物を片付けて、米を研ぎ炊飯器にかけ、蕎麦豆腐を仕込んで、家に戻ったらもう朝食の時間。混んだ翌日は仕込みが沢山あるから大変です。8時過ぎに再び蕎麦屋へ出掛け、大釜に水を張ってデザートの水羊羹を仕込んだら、心配だったからミニ菜園の様子を見に行った。トマトが雨に当たったせいか破裂しそうでひびが入っていたけれど、真っ赤に熟した四玉を収穫してきた。台風対策をしたお蔭で、このところ元気になったキュウリは鈴なりでした。

家の庭のモミジアオイも朝顔も木槿も、台風の後だというのに綺麗な花を咲かせていたから、自然の回復力は大したものなのです。今日は暑くなると言うから、冷たい蕎麦茶を沸かして冷やし、早い時間から蕎麦打ち室に入る亭主。昨日の残りがほとんどないので、今朝も750gを二回打つことにして、温度計を見れば室温28℃で湿度80%だったから、今朝も41%強の加水率で打ち始めたのです。ところが、それでもまだ柔らかいから、今朝はちょっと苦労しました。

丸出し、四つ出しまでは問題ないのだけれど、本伸しに入ると生地が薄くて引っかかるような感触。恐らく、これは伸し棒の手入れが悪いから、ざらざらとした棒の表面に湿った生地が付いてしまうらしいのです。いろいろなところで勉強だなあと、一人で感心しているから世話はない。それでも今朝も無事に細い蕎麦を仕上げて、生舟二箱。夜の営業まで十分な量のはずだったのですが、今日は大盛りのご注文が6人もいたから、ひやひやものの営業なのでした。

野菜サラダの具材を刻む11時前にもう歩いて来たらしい親子がいたから、暑いから中で待っていて下さいと言えば、開店時間の10分前にまたお客が車でいらっしゃる。女将に言って中に入ってもらうのだけれど、仕込みに専念している時間帯には、本当は邪魔をされたくないというのが本音。手抜かりなく開店の準備を進めているつもりでも、まだまだベテランの域ではないからか、忘れてしまうことも案外多いのです。今日は暖簾を出すのをすっかり忘れていました。

それでも、お客と話をしながら、注文の品を次々と調理し終えて、女将がテーブルに運べばまた次のお客が現れるという繰り返しで、12時過ぎにはもう満席なのでした。日曜日はお客の出足が遅いから、後半が混むのが普通なので、洗い物を極力済ませてしまう。天麩羅の油を温めている間や、蕎麦湯を作る合間に、亭主はひたすら洗い物に専念する。そうでないと、夜の営業の仕込みもあるから、混んだ週末には閉店後が地獄になるのです。勿論、昼飯は抜き。

今日はヘルシーランチセットが売り切れて、野菜サラダも蕎麦豆腐もなくなった。デザートは余分に作ってあるからと安心していたら、単品でもご注文がある。蕎麦好きなのか、せいろの大盛りのご注文も多かった。野菜が嫌いなのか、海老やキスやメゴチの天麩羅を蕎麦の値段以上に注文する父と子もいた。半分以上は常連さんとリピーターさん。ご近所らしく歩いていらっしゃったお客も随分と多い。少しずつ、お客が増えて嬉しい悲鳴。1時半にはお蕎麦売り切れ。

最後のお客は隣町の会社の常連さんで、随分と長く通って下さっているご一行です。20食以上も蕎麦を用意したのに、大盛りが記録的な多さだったから、人数の割りには蕎麦がなくなるのが早かった。蕎麦汁と蕎麦はほぼ同じ数を用意するので、午後の仕込みはまず出汁をとって蕎麦汁を仕込むことから始まる。お客が多いと次の仕込みも結構大変。夕刻は幸か不幸か客がなかったから、小鉢、デザート、蕎麦豆腐とひたすら仕込みで閉店時間を迎えたのです。

久々に蝉の鳴き声の聞こえた一日。台風が通りすぎて、夏空が戻って来ました。暑かった。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.