ぐっと気温の下がった一日は…

涼し過ぎて目の覚めた朝でした。夕べも夕食後にまた一眠りしてしまったから、風呂も遅くなり本格的に夜の眠りに入ろうとすれば、今度は目が冴えて眠れない。夜食でも食べればまた眠くなるのだろうとは思ったけれど、身体に良くないのは重々承知だから、パソコンに向かってあれこれと心配の種を解消して一安心。そうこうしているうちに、何時の間にか眠くなるから不思議です。亭主が朝は7時過ぎまで寝ていたから、女将がしびれを切らしてpekoの散歩に出る。

朝食を終えて女将の朝ドラの時間帯に蕎麦屋へ出掛け、まずはコーヒー豆を挽いて一杯。昨日の蕎麦が生舟に一箱残っていたから、今日は750gを一回だけ打つ。蕎麦打ち室の気温は26℃、湿度は60%だったから、42%弱の加水で打ち始めたら、まだ柔らかい感触。それでも四つ出しを終えて生地を80cm程に延ばしたら、今度は打ち棒に巻いて生地を90度回転させる。そして、四辺の厚味を整えながら、90cmの奥行きになるまで、どんどん伸していくのです。

奥行きがしっかり90cm採れると、八つに畳んだ時の縦が長くなるので、切りべらは28本。いつもと同じ細い仕上がりです。去年のブログを読み返してみると、この時期まだ切りべら23本で包丁切りしていたから、一年間掛けて、随分と細い蕎麦になってきていると分かるのでした。計算上では茹でる前の太さが1.3mm前後になるのだけれど、今の実力ではこれが限度かも知れない。生地の柔らかさや固さが安定しないと、どうしても切りむらが出やすくなるのです。

細ければ細いで茹でたり水洗いしたりで切れやすくなり、盛り付ける際にさらに切れることがあるから、今度は長さが揃わないということになる。今は畳んだ生地の手前と奥の両方で輪を作るという工夫で、多少切れても長い蕎麦が残るように仕上げているけれど、本当は名人のように奥の端はきちんと切り落として長さを揃えたいのです。60cmや40cmの長さの蕎麦が入り交じっていては、食べづらいのではないかというのが心配なところ。まだまだ課題は多いのです。

昼前にご夫婦のお客がご来店で、ヘルシーランチセットのご注文。蕎麦が美味しかったとはご主人の言葉で、糠漬けが美味しかったとは奥様の言葉。今日はご新規さんばかりのご来店で店置きのパンフレットをお持ち帰りになるお客もいらっした。店にお客が少ないから皆さんゆっくりと寛いでいかれるのでした。女性お二人で歩いていらっしたお客様は、お二人ともぶっかけ蕎麦のご注文。昨日今日とぶっかけ蕎麦が続いたので、かき揚げの具材を新しく刻む亭主。

お客のいない合間を見計らって、スタッフと食べる賄い蕎麦は、天かす少々に大根と葱を散らした質素なものだけれど、かえって蕎麦の美味しさが引き立つというもの。今日は厨房も27℃以上にはならなかったから、随分と涼しい一日なのでした。昨日今日とお客が少なくて、明日は中心は逸れたとは言え、台風が通り過ぎるというからまたお客は見込めない。7月末は去年もお客が少なかったと女将が言うので、去年のデータを調べて見るとまさにその通りでした。

お客のいない時間帯に、ミニ菜園に出てキュウリやトマトの台風対策をする亭主。大風の吹いた時期にほとんどのキュウリがやられて、生き残った何本かが、ここに来て随分と元気に実を付けているから、可哀想に思えたのです。ナスやピーマンも心配だったけれど、そこまで手が回らない。天候も野菜もどちらも自然相手だから、あとは運を天に任せるより仕方がない。考えたら、蕎麦屋も客任せの部分があるから、地道に毎日の仕事をこなして運を天に任せるか。

早めに家に引き上げて、今日の店の様子を女将に報告すれば、彼女はもうスポーツクラブに出掛けるところ。亭主もプールに出掛けてひと泳ぎしたら、蕎麦屋へ寄って糠漬けを漬け込んでこよう。毎日、キュウリ二本とナス二本だけ漬けているのだけれど、冷蔵庫に入れていても糠床に水が出てくるから、美味く漬かるのではないだろうか。また、帰り道に釣り銭を作りながら、酒でも買って帰ろうか。明日は一日中雨の予報だから、蕎麦はどれだけ打てば好いか…。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.