昼前から車外温度40℃超で…

汗をかきながらも、ひたすら眠った朝。7時に居間に行ったら、もう女将がpekoの散歩に出てくれていた。居間のエアコンは28℃の設定にしてあるのに、室温が29.5℃もあるから驚いた。空は薄曇りでやけに蒸し暑いから、少し動くだけでもう汗がほとばしるのです。散歩から帰ってきたpekoが、熱くて堪らないらしく、がぶがぶと長い時間をかけて皿の水を飲むのでした。庭のモミジアオイが今朝も沢山の花を付けた。団扇サボテンは切っても切っても凄い生命力です。

そう言えばこの夏は、蝉が鳴く声を聞くよりも、道路に死んでいる姿を見ることが多い。すべて身体の大きなアブラゼミだ。暑すぎて短い命の彼等にはとても堪えられないのだろうか。お袋様と仕入に出かけて、沢山の食材を買い込んだら、冷蔵庫に整理して詰め込むのが一苦労。これだけストックしてあっても、週の途中でまた買い足さなければならないから、お客の増えて売り上げが伸びるのは嬉しいけど、仕入れの費用も半端ではないのです。ほどほどが好い。

お稽古が休みの女将が午前中にスポーツクラブへ出掛けると言っていたから、その間に亭主もひと月振りに床屋へ行って親爺様と四方山話をする。聞けばゴルフに行って熱中症になったというのがこのところの大事件らしく、飲み物も持たずにコースを回ったという親爺様の無鉄砲振りには驚かされる。「日中歩くのにも日陰を選んでいるよ」と亭主が言えば、「もっと前向きに活動しなきゃ。俺なんか肉を食って栄養を付けてる」とあまり反省の色もないから困ったもの。

女将が帰る前に家に戻ったので、店で残った蕎麦を茹でる鍋に湯を沸かし、昨日、揚げて帰った天麩羅の具材をグリルで焼いて、昼の準備をしておく亭主。冷たい氷水で二日目の蕎麦を締めて食べたら、我ながら美味しく感じるから奇妙なもの。最近は蕎麦もあまり残らないので、新鮮な食べ物になったのです。それにしても、午前中から車外温度は40℃を超えるから、今日の暑さも尋常ではない。食後はエアコンを入れた書斎で横になって思いっきり昼寝をする。

遅い午後に目覚めて居間に入れば、ちゃっかりとpekoが亭主の椅子で昼寝をしていたらしいのです。一番広い部屋を占領しているから、今月はエアコンの電気代もかさむに違いない。夕刻までの時間でまた蕎麦屋へ出掛けて今日のうちに出来る仕込みをしておかなければ。夕食の前にプールへ出掛けてひと泳ぎしようか。あまり暑いので、早めの仕込みも考えものなのです。朝のうちに鍋に昆布と干し椎茸を浸けてあるから、出汁を取って蕎麦汁を仕込むのが先。

プールの支度をして蕎麦屋へ行けば、郵便受けに宅配便の不在連絡票が入っている。冷凍鴨肉に違いないからすぐに電話をすれば、今から一時間以上はかかりますと言うではありませんか。諦めて出汁取りを済ませて蕎麦汁を仕込み、小鉢には切り干し大根の煮物を仕込んでおく。他にもいろいろ食材は用意してあるのだけれど、いつも同じになってしまうから、たまには違ったものを作ろうと思ったのです。鴨肉を受け取って、洗い物を済ませればもう5時過ぎ。

ミニ菜園の野菜にたっぷりと水を遣って家に戻れば、女将はまだ夕食の準備を始めていないから、亭主が豚のハラミを切って串刺しにする。塩をまぶして今晩の酒の肴。原価で一本当たり80円はする美味しい一品だけれど、これを150円で店で出そうといつも用意するけれど、そんな週末に限って、酒を飲むお客が来ないから、いつも自分で家で食べてしまうのです。こうしたことを繰り返して、美味い料理は鍛えられていくのかも知れないと、つくづくと思う夕刻です。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.