やっとお客の数が戻って…

今日はいつもの日曜日の混みように戻って、夜の営業までお客さんたちが皆さんゆっくりと寛いでいかれました。夜の7時を過ぎても亭主が帰らないからと、女将が手伝いに来てくれ、12時間の就労からやっと解放された亭主。隠居仕事にしては、やはり、相当ハードなのでした。それでも、合間を見つけて、仕入れのネット注文をしたり、来週に迫った会食メニューの試作を繰り返したり、再来週分の返しを作ったりと、仕事は尽きないのです。楽しいから疲れない…。

開店直後にいらっした四人連れのご婦人方は、80代前後の元気なお客さんたちで、前にも姉妹でご来店頂いたリピーターさんなのでした。「あたしゃあ、ここの亭主に惚れちゃったのよ」と、次々と注文を下さるのも有り難いけれど、80歳を優に超えたお婆さんが、昼間からビールを2本も頼まれたから驚きなのでした。小鉢の切り干し大根がしゃきしゃきしていて美味しいとか、出汁の取り方が上手いとか、色々褒められ、「また来るからね」と帰って行かれたのです。

朝のうちに庭の野菜たちに水遣りをして、ブルーベリーの実がたわわに実っているのに気をよくすれば、旬の時期が終わったからと、採るのを止めたコゴミとタラの芽も、すくすくと育っているのでした。夏野菜もこの暑さでどんどん大きくなっている。新鮮な茄子をぬか漬けで漬ければ、色落ちがしなくて青々としている。ピーマンも天麩羅の具材に使える程に育って、随分と助かっているのです。季節と共に食材の変わる霊犀亭は、まさに自然から教えられている…。

採り忘れたキュウリが地を這って巨大に育っているのを見つけて、明日はこれをぬか漬けで漬けてやろうと、亭主の密かな楽しみ。食材の新鮮さは味の良さにもつながると、この商売をしていてつくづく思うのです。残念ながら、すべての食材を自家栽培することは出来ないから、あとは新鮮さを見分ける仕入れの目付き。その点、農家の共同で経営している地元の食材店ではその日に採れた野菜が手に入るから嬉しい。持ち寄る時間帯を狙って立ち寄ってみる。

今日も色々なお客さんたちが霊犀亭を尋ねてくださった。「○○です」と言われても、換気扇の回る厨房ではなかなか聞き取れない。よく聞けば、子どもたちが小学校時代の親御さんご夫婦で、「いつか行こうと気にはしていたのですけれど…」と、有り難いお言葉。女将共々、子どもや孫の話でひとしきり賑わって、ビールをご注文されたご主人には、昨夜仕込んだ鰻と出汁巻き卵の付け出しをお出ししたのでしたが、話に花が咲いて、味の方の感想を聞けなかった…。

最近は、朝一番で蕎麦屋に出掛け、蕎麦を打つ前にコーヒーを豆から挽いて飲んでいる亭主。あまり数が出ないから、豆の味のチェックも兼ねてはいるのですが、今日は、何人もにご注文いただいて、古い友人の紹介してくれたコーヒー屋さんにも面目が立ったという感じです。スーパーなどでは決して手に入らない炭火焼きのオリジナルブレンドだから、確かに美味しいのだけれど、蕎麦屋でコーヒーを注文するお客はまだまだ少ないのです。これも課題の一つ。

今日のサラダは、価格度外視の蟹とアボガトのサラダだったのですが、残念ながら一つも出なかった。これも、来週の会食メニューの一つだからと、作っては見たけれどと言う感じかな。夜にいらっしたお客にサービスでお出ししたけれど、反応はなかった。蕎麦汁が美味しい、蕎麦湯が美味しいとは言ってくださっのでしたが、蕎麦が美味いと言う言葉はなかった。すべて綺麗に、完食していただいただけでも有り難いことだと思って、明日の励みにすることにします。

毎日の洗い物が多いからか、朝起きるときに指先が腫れているような気がするのは、一種の職業病かも知れない。オーナーシェフとは聞こえは好いけれど、蕎麦打ちから調理、洗い物まで一手に引き受けるから、その仕事は多岐にわたって、数の多さでは専業主婦の仕事を上回るのです。それでも、沢山のお客と接して色々な話を伺うことが出来るから、楽しいこと限りなし。「あなたの性格に合っているのかも」と、夕飯を食べながら女将に言われながら一献の晩。

 

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.