暑いのに今日もお客が一杯で…

明日のデザートにと用意した泡雪羹が、夜のお客のご要望で出たから驚きました。朝の6時前に蕎麦屋へ出掛けて仕込んだのでしたが、久し振りのメレンゲ。調理師学校の夏の授業で先生に教わったレシピを夕べのうちに復唱しておいたのです。混んだ昼の後片付けを終えて、女将と家に戻ったのが3時前。15分ほど横になってウトウトとしたら、やはり夜の仕込みが気になり、早めに蕎麦屋へ戻る亭主。天麩羅の具材も残り少なく、最近のお客の多さにちょっと驚き。

今日も開店の15分前には駐車時用に車が入り、閉店時刻を過ぎた時間帯までお客がいたから、目一杯の混みようなのでした。それでも、お客の来るまでの合間に洗い物を出来るだけこなして、何とか2時半までには洗い物と片付け物とを終わらせる。女将が夕刻のスポーツクラブに出掛ける都合もあるし、夜の営業の仕込みもあるので日曜日は亭主も気が気ではない。それなのに、珍しく夕刻の開店の30分も前にお客かやって来たから、亭主は大変なのです。

聞けば遠い町からわざわざ蕎麦を食べに来たとかで、大釜のお湯もまだ沸いていなかったけれど、店の中に入っていただいて冷たい蕎麦茶をお出しする。お蔭でお互いにいろいろいろな話をして少しは打ち解けた気分。同じ歳と分かって大学時代の話をすれば、説明しなくても解り合えるのが同世代。それぞれが迎えた定年後の生活には興味があるらしく、天麩羅を茹でて蕎麦をお出ししても、まだ話は続くのです。奥様も交えてゆっくりと寛がれたひとときでした。

今朝も750gの蕎麦を二回打ち、まずまずの出来栄え。昨日の蕎麦も残っていたから、今日は20何食分かの蕎麦があったはずなのに、終わってみれば生舟には残り僅か。大盛りが随分と出たし、今日はヘルシーランチセットや丼物とせいろ蕎麦のセットや鴨せいろまで、幅広く注文があったのです。厨房の亭主は汗を拭っては蕎麦を茹で、お客のいないときには首にアイスノンを巻いて熱中症対策なのでした。火を前にして仕事をし続けるのは、この時期まさに過酷。

昼のお客も常連さんがだいたい半分で、自転車でいらっした常連さんは、カウンターに座るなり冷たい蕎麦茶のご注文。外は35℃を越える暑さだから、厨房よりもまだ暑いことになる。昨日あたりから、冷たい蕎麦茶はポットに3本も作って冷蔵庫に入れてある。22℃の設定でフル回転している店のエアコンの風も、誰も文句は言わないのです。そう言えば、蕎麦打ち時の蕎麦打ち室の気温は32℃。湿度は早朝からエアコンを入れているから38%。異常な暑さです。

そんな暑さの中をよくぞご来店下さったと、来るお客来るお客に心を込めてご挨拶。四人連れ、三人連れのお客が入ると、一挙に忙しくなるから嬉しい限り。鴨肉も海老も冷凍室に残り僅かになってきたから、ハンガリー産の鴨肉が値上がりしたのは痛いけれど、夜になって注文を入れる。海老は明日にでも御者に電話して発注しておかなければならない。売り上げは過去にないくらい順調に伸びているけれど、仕入れも多くなるから少し様子を見ないといけない。

暑くなるとどういうわけか天麩羅がよく出るので、具材が昨日も今日も明日も足りない状態が続いている。今日はなんとかミニ菜園のナスやピーマンを使ったけれど、生椎茸は切れたので予備に買っておいた舞茸を揚げてお出しした。明日の分は女将に頼んだから、一番いい生椎茸を買ってきてもらえるはず。糠漬けのナスはもうないので、夜はミニ菜園で採れた大型キュウリを漬け込む。天麩羅の具材がなくなれば、キスやメゴチで勘弁してもらうという手もある。

お客の増えたのを喜んでばかりは入られないのが、この仕入れや仕込みの分量なのです。ヘルシーランチセットが随分と出るようになったから、蕎麦豆腐用の豆乳が今までの倍の量を使っている。夏場は生野菜は冷蔵庫に入れても長く持たないので、貝割れ大根などは水を替えても三日と持たない。毎日仕入れるほどはお客は来ないけれど、スーパーの品のいい時を狙わないと新鮮なものが手に入らない。このところの暑さと同じで新しいステージなのかも…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.