暑く長い一日…

枕元にpekoが座って、亭主の起きるのを待っていました。朝になったら散歩に出掛けるというのを知っているらしい。台所で水を一杯飲み、彼女が朝食を食べる間に一服して、5時半には散歩に出る。雲ひとつない朝の空が、今日一日の暑さを予感させるのでした。蕎麦屋の周囲の菜園にもたっぷりと水を撒いてやる。ナスもキュウリもピーマンも、夏野菜は皆、大きくなる野が早い。昨夜、漬けた糠漬けも庭で採れた茄子と胡瓜。新鮮だから、色も綺麗に出ました。

みずき通りの先にに見える巨大ショッピングモールは、昨日金曜日から、そして土日の今日明日と開店記念の大バザールとかで、蕎麦屋の窓からも、駐車場へ上る車の列がはっきりと見えるから凄い。昨日の午前中に駅前のスポーツクラブに出掛けた女将が、この団地に越して30数年経つけれど、駅前の通りにあんなに人が歩いているのを見たことがないと言う。街の活性化には貢献するのだろうけれど、天気がいいのに、これで今日もお客は少ないのか…。

それでも朝から黙々と蕎麦を打つ亭主。今日は天気がいいので湿度が低い。加水率は昨日よりも低くして、43%強で絶妙の柔らかさ。水回しをしている蕎麦粉が大玉になってきたら捏ね始める合図なのです。切りベラ23回でしっとりと繋がる蕎麦に仕上がりました。生舟に入れて冷蔵庫で寝かせれば、ぎゅっとしまって更に美味しくなる。お客の来る前に、昨日の蕎麦の端切れを茹でて天かすとキュウリ大根・葱・山葵を入れて試食したら、極上の冷やしたぬき…。

暑い夏はこれに限る。開店前に今日のたぬきの天かすを作っておくのも忘れない。暑くなると言っていたから、今日のデザートは彩り鮮やかにマンゴーぜーリー。蕎麦豆腐には、庭から採ってきた木の芽を添えて、自家製の味噌だれでお出しするつもり。これだけ準備をしても、一向にお客が来ない。やっといらっしたお客は天せいろの大盛り。店が暇なので、舞茸の天麩羅をサービスで添えてお出しする。やはりグランドオープンの影響は大きいのかも知れない。

それでも、手伝いに来てくれる土日がいつも混んでいるので、久しぶりに暇なひとときが楽しそうな女将。「世間では混んでいるグランドオープンに行くのが普通なのよ」と、自分たちが普通ではないのが愉快なのか。岩波ホールやフィルムセンターで映画を観るのを楽しみにしていた遙か昔の彼女を思い出す。今日も、閉店間際に隣町の会社の常連さんたちがご来店。「道が渋滞してますよ」と、相も変わらずヤサイサラダとマグロ丼の大盛りを注文する社長が言う。

最後のお客だからゆっくりとして頂いて、暖簾をしまって帰り支度をする夫婦。女将を先に帰して、大鍋の掃除や明日の出汁を取る亭主。家に戻って一休みしたら、4時前にはまた蕎麦屋へ戻る。夜もお客を当てには出来ないから、来週のお任せ会食に出す品々を試作してみるのでした。鰻の煮こごりは美味しいのだけれど、女将が「鰻はやはりそのまま食べたいわよね」と言うものだから、ホタテの煮こごりを作ってみたのです。先付けの三種盛りはこれで決定か。

高野豆腐に人参・キヌサヤ、茶豆の薄皮を剥いた綠に映えるのはいくらの醤油漬け。ほたてとオクラの煮こごりは、やはり中央に配置すべきかも。鰻は出汁巻き卵に載せてタレをからめてみたのですが、これもなかなかの味わい。ラストオーダーの6時半になってさっさと幟をしまっていたら、来週の会食を依頼した当の常連さんが犬の散歩で通りかかった。「グランドオープンにはいらっしゃいましたか」と尋ねれば、「勿論、行きましたよ。凄い人出でね」とおっしゃる。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.