真夏の太陽が…

暁方に暑さで目覚めると、もう眠れそうにない。頭の中では、もう、来週のお任せメニューでの会食レシピがぐるぐると回っているのでした。何度も季節の食材と皿との組み合わせを考えたけれど、幾つかまだ再考の余地がある。ただ一つの条件が、「皆さんお年だから量より質で」と言うご注文だから、食べやすくお腹に溜まらない形でお出ししたいのですが、同じ食材でも、調理の仕方が変わると器も変えなければならない。やはり、一度作って試食してみないと…。

パソコンに向かってメニュー一覧を作り替えて、5時前にpekoの散歩に出れば、いつも合うご近所の奥様も老犬の散歩。蕎麦屋へ寄って洗濯物を干して、乾いた蕎麦皿や盆を片付ける。今日の蕎麦打ちは、1kg11人分でいいだろうと、この時点で決めておく。幟を立てて、駐車場のチェーンポールを降ろしたら、家に戻って早い朝食を取る。満腹になると、やはり、眠くなるから、BSの朝ドラが始まるまで一時間ほど横になる。それからが、亭主の今日の本番です。

米を研いで炊飯器をセットし、デザートのマンゴーぜーリーと蕎麦豆腐とを仕込んで、切り干し大根の煮物を作ったら、早速、蕎麦打ちにかかる。多少、伸しに厚味のムラがあったけれど、まあまあの出来。このところ、金曜日はお客が少ないのに加えて、今日は、駅前にできた巨大ショッピングモールのグランドオープンの日だから、団地の外れの蕎麦屋でも、多少、影響の出るのは免れないだろうと、朝からジリジリと照りつける真夏の太陽を恨めしく思うのでした。

それでも、開店前からお客が入ったから、丁寧にかき揚げを揚げて、天丼セットも綺麗に盛り付けてお出しした。最近、お一人でよく食べに来る男性客も、今日はせいろ蕎麦の大盛りをとおっしゃるから、今朝打ったばかりの蕎麦をしっかりとしめて差し上げた。蕎麦湯はその都度別鍋でつくるから、皆さん綺麗に飲み干してくださる。天せいろのお客には、店が空いているので、季節の野菜を一品追加でサービス。ビールを飲まれるお客もいれば、ふりかけも売れた。

店のクーラーを入れても、厨房の温度計は29度を示していたから、外はもっと暑いのだろう。こうやって身体が徐々に真夏の暑さに慣れていくのか。その前に長い梅雨があるのがちょうどいいのかも知れない。お客のいない時間に、奥の座敷で一休みすれば、窓の外には夏の空が広がっていました。建築条件の付いた隣の空き地は、買い手が現れたと見えて、先日、地盤調査の業者が仕事をしていた。その前に、東側の夏の野菜が育ってくれるといいけれど…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.