昼も夜もで疲れ果て…

午後10時ちょっと前、風呂から出てやっとブログを書き始められる夜。今日は昼も夜も有り難いことに蕎麦屋は賑わったのですが、とうとう昼食を食べる暇もなく、夕刻の仕込みに再び蕎麦屋へ出掛けた亭主は、入浴前の計量で最近初めての大減量。昼間、下着を何枚も取り替えたから、汗を沢山かいたのがその主な原因だとは思うのだけれど、規則正しい食事を摂らないのは、身体にはあまり好くないのかも知れない。夜になって一度には食べられないのです。

亭主の唯一の気がかりは、せっかくの新蕎麦を美味しくお客に出すことで、今朝はこのところの反省から、40%の加水にして、実にしっとりとした蕎麦が打てたと喜んだのでした。切りべらは29~31本とかなりの細さで、昼のうちに生舟二箱の蕎麦が完全になくなったから凄い。大盛りのお客もかなり多かったけれど、ヘルシーランチセットもあっという間に売り切れて、お蕎麦売り切れの看板を出したのが午後の1時でした。後からいらっしたお客様にはご免なさい。

いつもの週末なら、20食近くの蕎麦を用意するから、それほど早くなくなることはないのだけれど、今日は昼前に「予約できますか」という電話が何件か入った。女将が予約はやっていないと応えると、今度は開店前に駐車場に車で乗り付ける有様。いつも日曜日は、ご家族でいらっしゃるお客が多いのだけれど、今日は一度に五人、四人と席を占領してしまうから、有り難いけれど、ちょっと困った。その間にお一人のお客や、ご夫婦らしいお客もいらっしたのです。

最近流行の何処ぞのSNSで、早く行かないと蕎麦がなくなるというようなコメントが載って、それを見たお客がドカドカッとやって来るというのでなければ好いけれど。霊犀亭はファミレスでもなければ、その種のお店ではないのですが…。とは言っても、それはお客の勝手で、何回も来てくださるお客様は、そうした店の雰囲気を察して静かに蕎麦を啜るのだけれど、大勢でいらっして狭い店の中を我が物顔で席を取り合う姿には、本音を言えばちょっと幻滅なのです。

そういうお客様に限って、他のお客のことを考えずに、自分の注文ばかりを優先させようとするもの。大きな規模の店舗なら、そうしたお客にも柔軟に対応するだけの人員が配置されているから、お客は自分の主張が通る喜びを味わえるのです。ところが、どんな店でもそれが通用すると思って、亭主一人の小さな蕎麦屋にいらっしゃると、大変なことになるというわけ。お客が店を選ぶのか、店がお客を選ぶのかは、考えてみると、結構、奥の深い難しさがあるのです。

それでも今日は半分ぐらいは常連さんのご家族だったので、女将も亭主もお客様に救われました。日本で一番早いと言う新蕎麦の味わいをどれだけ感じてくださったか。薄綠色をした蕎麦湯の入れ物を洗うときに、どれだけ綺麗に飲み干してあるかで一目瞭然。お客様のひと組ずつ、新蕎麦の粉を溶いて鍋を火に掛ける蕎麦湯なのですが、蕎麦湯など意に介さないお客様もいれば、綺麗に飲み味わってくださる方もいる。皿や器の味わいなどは、言うまでもない。

亭主の気がかりと蕎麦屋にいらっしゃるお客気の関心事が一致してこそ、「心に霊犀一点の通ずる有り」 なのですが。「難しい店の名前だね」と言われては、返す言葉もありません。洗い物に一時間余りを費やして女将と二人で家路につけば、外は夏空が広がってむーっとした陽気なのでした。家の庭の金柑の小さな花も、今年は随分と早くに満開になっている。売り上げと今日の写真のデータとをパソコンに入れて、一休みしたらまた蕎麦屋へ出掛けていく亭主。

大釜に水を入れて火に掛け、蕎麦の追い打ちにかかる。蕎麦打ち室は31℃もあったけれど、やはり加水は40%でちょうど好い。朝と同じく切りべらは29~31本とかなりの細さの仕上がり。蕎麦豆腐にデザートと明日の仕込みをしていたら、上の娘と同じ年頃の女先生がまたいらっして、「今日はご飯物が食べたい」とおっしゃるから、カレーライスを勧めた。その間、ご家族連れもご近所のご夫婦もご来店で、夜まで賑わった霊犀亭なのでした。家の女将にSOS。

This entry was posted in ブログ作成, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.