止まるところを知らない暑さ…

寝汗で溺れるような朝なのでした。夕べは蕎麦屋の仕事を終えて、夕刻のパトロールで暑い中を歩き回ったので、かなりの消耗度だったからか、9時にはもう堪らずに床に就いたのです。ところが、そんなに早く眠り始めるとどうしても夜中に目を覚ますから、再び眠りに就いたのが明るくなり始めた4時過ぎで、女将の朝ドラの終わる時間まで目が覚めない亭主なのでした。良いのか悪いのか、自分を含めた自然の成り行きにまかせるしか仕方のないことと諦める。

蕎麦屋へ出掛ける時間には、玄関前の白い木槿が気持ちよさそうに朝の強い陽の光を浴びている。蕎麦屋に着いてミニ菜園の野菜に水遣りをすれば、大きなトマトが幾つも実を付けていたから、先々が楽しみ。軒下で育てて、水を掛けないようにしているのが、どれだけ役に立つか。先日来の強い風で、ナスやピーマンの葉が相当なダメージを受けたから、今年は夏野菜もあまり期待が出来そうにないのでしたが、生き残ったものたちは、元気になっています。

蕎麦打ち室の温度は、なんと31℃とこれまでにない暑さで、慌てて店のエアコンを入れるのですが、米を研いで炊飯器にかけ、糠漬けのキュウリを取り出せば、室内の温度が高すぎたらしくて、かなり出来すぎた状態。30℃を越えるようになったら、冷蔵庫に入れるのが普通なのですが、まさかいきなりこんな暑さになるとは、夢にも思わなかったのです。今朝の蕎麦打ちも、加水率39%で捏ね始めて、それでも打ち粉をかなり使うほどの柔らかさだから、異常な暑さ。

暑い日だからと、なめことオクラとトマトのぽん酢和えを小鉢に作り、キュウリのお新香との二段構え。酢の物はお客の好みにもよるから難しいのですが、残す人はいなかったから好かった。日替わりのデザートと小鉢だけが、変わり映えのしない蕎麦屋の仕込みの中では、変化のある創作だから、どうしても力が入ってしまうけれど、原材料費を考えないといけないのは判っているつもり。それでもお客に季節の物を食べていただきたいと思うから、つい力が入る。

定番の野菜サラダは四皿作り、今日はヘルシーランチセットとカレー蕎麦が出たので売り切りました。単品で蕎麦豆腐が出たこともあって、後からいらっしたお客様が、ヘルシーランチセットを二つご所望だったけれど、一人分しかないのですよと女将が説明していた。昼過ぎには満席になって、休日の混みようは相変わらずでしたが、なんとか洗い物が出来る余裕があったのが好かった。帰る常連さんが「満席の看板を外しましょうか」と言ってくれるのも有り難いこと。

今日も閉店間際に何組かお客がいらっして、最後のお客は2時少し前のご来店。天麩羅の具材も片付けて、大鍋の火も消したばかりだったから、「暖簾は下ろしますけれどどうぞ」と言って入っていただく。夜の営業まで蕎麦が持つかと思ったけれど、生舟の蕎麦が残り3人分になったから、今日も追い打ちを掛けなければならない。「有り難いと思わなくては駄目よ」と、女将に叱咤されて、3時過ぎにやっと昼の賄い蕎麦を食べる亭主。家に戻る暇はないのでした。

奥の座敷で少しだけ横になって、ウトウトとしたのだろうか、気が付けばもう4時前で、仕込みを開始しなければならない時刻なのでした。店の中はまだ28℃もある午後の暑さ。39%の加水率で追い打ちを掛けて、綺麗に畳んで切りべら29本で130gの蕎麦を9人分仕上げる。朝よりは、固い感じで仕上がったのは、エアコンが効いて湿度が下がっているからだろうか。眠気覚ましにコーヒー豆を挽いて、ボサノバのピアノの音楽を聴きながら、夜の段取りを考える。

お客が来るとすれば誰と誰かななどと考えながら、明日の仕込みにせいを出す亭主。小鉢がなくなったから、明日は用意していた食材で、夏野菜の揚げ浸しを作る。小鉢の仕込みにしては手間がかかるから、あまりやりたくはないのだけれど、これをやらなければ店の面目もないかと頑張るのです。今日は6月も最終日、今月は去年や一昨年よりもお客が増えているから、やっと安心して黒字の月になる。冬場の減収を考えれば、この時期はもっと頑張らなければ。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 経営, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.