やはり梅雨明けだったのです…

やけに眩しい朝だったから、pekoの散歩に表に出れば、もう真夏の陽射しで溢れているのでした。近回りの散歩から帰ると、口で息をしながらもうぐったりと疲れた様子。人間もちょっと動けば汗が出てくる始末で、居間の温度は朝から28℃と、すぐにエアコンを入れてやる。この犬種は暑さに滅法弱いから、人間が大丈夫と感じても部屋を涼しくしてあげて下さいと、女将が医者に言われてきたそうな。暑がりの亭主にはpekoのお蔭で気持ちのよい朝を迎えられる。

蕎麦屋に出掛けて、蕎麦豆腐を仕込み、水羊羹を仕込んだところで、蕎麦打ち室の温度計を見に行ったら、なんと30℃もあるではありませんか。平屋の北東側に蕎麦打ち室はあるから、朝の陽射しを浴びて暖まったのでしょう。湿度は60%を切っていたから、40%の加水で好いかと蕎麦を捏ね始めたのはいいのだけれど、やはり気温の高い分だけ差し引いて考えるべきでした。柔らかすぎたから、打ち粉をしっかりと振って、四つ出しにも細心の注意を払うのでした。

四つ出しの際に大きく広がりすぎないように、伸し棒に巻いて生地の厚味を残しておくのがポイント。そうすれば、更に厚味が均等になるように四方に少しずつ伸し広げて行けるのです。生地を巻いた伸し棒を勢い好く転がしてしまうと、生地の柔らかい場合は、片側の対角線だけが伸びてしまうので、後から修正するのが大変なのです。柔らかいときにはそれなりに対処する方法があるもの。果たして、切りべら29本で130gの束が9人分取れて、蕎麦打ちは終了。

昨日の蕎麦が生舟に一箱残っていたから、合わせて17人分の蕎麦が用意できました。今日も風の強い日だから、二日目の蕎麦が残らなければ好いけれどと、祈るような思いなのでした。昨日の蕎麦も柔らかい仕上がりだったけれど、冷蔵庫で一晩おいたら随分としまった感じで、昼前の賄い蕎麦で短めの時間で茹でてみたら、これがちょうど好い加減。氷水で締めれば更に仕上がりが好いから、怪我の功名と言うところか。野菜サラダは今日も四皿分用意する。

夕べは深夜までサッカー中継を見ていたので、今日は疲れるかと思ったけれど、8時過ぎに蕎麦屋に着けば好いから、歳を取っての隠居仕事は、やはり現役時代とは違って随分と楽な気分。同世代のスタッフも、珍しく最後までこの中継を見たらしく、結果はよかったけれど今ひとつ盛り上がらなかったねと、年寄りが二人で笑うのでした。今日も昼前はお客がなく、勤め人らしい男性の二人連れが最初のお客でした。とろろ蕎麦と鴨せいろを作り終えたら電話が鳴る。

近くのモノレールの駅にいるのだけれど、蕎麦屋までどうやって行ったら好いのかということだったから、道順と目印を教えて差し上げる。歩いて5分ほどの距離だから、間違えるはずもないのだけれど、暑い中をちょっと回り道して来たらしい。聞けば仕事を休んでわざわざ我孫子からいらっしゃったそうで、霊犀亭で蕎麦を食べてラベンダー祭りを見に行くという計画なのだそうな。ヘルシーランチセットをゆっくりお食べになって、寛いでいかれたのは好いけれど。

風が収まらないので日傘を差して歩けないから、タクシーを呼んでくれないかとおっしゃる。歩いても30分はかかる距離だから無理もない。タクシー会社に電話をすれば、蕎麦屋にも何度か食べに来てくれたいつもの女性が出て、事情を話すと「この風じゃしょうがないよ」と、私鉄の駅からタクシーを回してくれた。わざわざ遠くからお出でなのに、無事に今日の予定をこなすことが出来たのだろうか。「近くに住んでいる人たちにも宣伝しておきます」と言って帰られた。

風の強い日はお客が少ないというのは、案外、当たっているようで、ラストオーダーの時間になるからと片付け物を始めたところに、車でいらっしゃったご夫婦のお客が「まだいいですか」と言うので、もう一度食材を冷蔵庫から取りだして、調理の準備をする。幸いに大鍋の火は落としてなかったから、すぐに天麩羅を揚げて、蕎麦を茹でる。気に入っていただけたらしく、デザートを6人前もお持ち帰りで、店置きのパンフレットも何枚か持って帰られた。外は快晴。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.