梅雨の中休みにしては長すぎる晴れ間…

今朝も朝から暑すぎて、床の中でびっしょりと汗をかいている亭主。昨日は随分と働いたからか、プールの水泳が疲れたのか、夜の10時には眠ったかと思ったら、やはり午前2時には目が覚めて、また眠り始めたらもう朝の8時ではありませんか。朝ドラを見終えた女将が、亭主の朝食を用意するのも面倒そうなので、生卵と納豆で簡単に朝飯を終えるのでした。今日は頼んでおいたテレビが来る日だから、時間が知らされるまでは蕎麦屋の仕込みにも行けない。

やっと電話がかかって来て、電気店の担当者が昼から2時の間に伺いますというものだから、女将がスポーツクラブに出掛ける前に、急いで支度をして蕎麦屋に向かう亭主。昨日の床の清掃がまだ半分終わっていなかったので、仕込みを始める前になんとかワックスがけまで済ませてしまう。20坪ほどの店内の掃除も、この歳になると二日がかりだから大変です。結局、午前中には掃除の後片付けだけで急いで家に戻れば、もう業者から連絡が入るのでした。

二人がかりで、テレビの本体と台を運び込んで、まずは古いブラウン管のテレビを引き取ってもらう。もう20年も使った年代物だから、壊れてしまっても文句は言えない。新しい液晶のテレビはスリムで一回り小さい気がするのだけれど、画面の大きさは変わらないのだと言う。居間が随分と広くなったような気がして、女将が帰ってきて「あら、随分と広々としたわね」と喜んでいたのでした。その分pekoの活動範囲も広がったので、なにか落ち着かない様子なのです。

昼食にはまた蕎麦屋の残り物の野菜をみじん切りにして、亭主がカレー炒飯を炒めて女将がコンソメのスープを作る。定休日二日目には残っていた蕎麦もなくなるので、このパターンが多いのだけれど、二人とも造った料理を美味しく頂けるから幸せというもの。食後は例によって少し横になって、午後の段取りを考える亭主。クーラーの入った書斎で、一時間ほどは眠ったら、目を覚ましてもなかなか起きられないのが最近の悪い癖。やっと午後の仕込みに出掛ける。

ワックスを掛けて綺麗になった店の中は気持ちがよくて、厨房もすっきりと動きやすい気がするのでした。まずは大根の下茹でをして、今日は安く烏賊を手に入れたから、烏賊と大根の煮物を作る。米を入れた鍋で大根を茹でている間に、青森県産の柔らかい絹さやの筋を取って、ブロッコリーと同時に湯で始めるのです。小松菜は後ろのレンジの火口を使って茹でて冷凍する。鴨せいろにしか使わないけれど、ないと困るひと品なのです。茹で具合を気にして完了。

農産物直売所で仕入れた小松菜は甘くて柔らかい。地元の野菜は旬の季節が短いけれど、絹さやなどは、スーパーで北の地域のものが旬で出ているから、上手く使い分けることにしているのです。インゲンもそうなのだけれど、固くなってしまってはもう使い道が限られてしまうのです。遠くから送られてくる野菜は、値段がそれなりに高いけれど、どれだけ必要性があるかで、仕入れるものを決めている。冬場が旬の烏賊と大根の煮物を夏に作れば絹さやが合う。

冷やして食べると言う小鉢の作り方も、いろいろな試行錯誤で食材を考えているつもり。週の前半と後半でも、同じ曜日に同じお客様がいらっしゃるから、同じローテーションにならないように、工夫をしているのです。木曜日に来ることの多いお客には、先週と違ったデザートを用意しようと、今日は蕎麦羊羹を仕込んでおく。天麩羅の具材を切り分け、最後に蕎麦豆腐を仕込んだら、まな板を消毒して、今日の仕込みは終わり。3時間休憩なしで二日分の仕込み。

ミニ菜園で採れたキュウリを何本か家に持って帰って、あまり暑いからと、女将と二人で刺身でも食おうと、隣町の魚屋スーパーまで出掛けて行く。亭主はしっかりと昨日買い残した食材を仕入れて、蕎麦屋で糠漬けにキュウリを仕込んで来る。ミニ菜園で採れた蕪は昼のうちにもう漬けてある。この時間差がものを言うのは明日の朝。今夜は久々にテレビでゆっくりと映画でも観ようか。明日もまた暑い日になるのだとか。いつまで続くのか今夜も熱帯夜になりそう。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.