梅雨明けのはずもないけれど…

早朝なのにやけに暑く感じるのは湿度が高いからでしょう。昨日と同じ時間帯にpekoの散歩で蕎麦屋に出掛け、玄関口に彼女を待たせたまま蕎麦の出汁を取る亭主。時折、顔を見せてやって「もう少し待っててね」と騙し騙し、一番出汁、二番出汁を3㍑ずつ取ったら、蕎麦汁を仕込んでしまう。小一時間の作業だったけれど、よくぞ待っていてくれたと、家路をたどる。十分に休憩も出来たはずなのに、それでも家に着くとやはりハアハアと暑そうなpekoなのでした。

女将の起き出す前に、台所に立って蕎麦を茹でる亭主。冷蔵庫に残ったものをみつくろって、やっと女将の姿を見せた7時前には朝食を終えていたのです。本当は、お袋様と仕入れに出掛ける前に、蕎麦屋の回りの草取りを済まそうと思っていたのでしたが、もう陽が高くなってしまって、朝からジリジリと太陽は照りつけるから、これは堪らないと洗面を開始する。朝ドラの始まる時刻だったから、亭主が瓶類のゴミを集積場まで運んでやって、少し横になるのです。

再び蕎麦屋へ出掛けて、冷ましておいた出汁や蕎麦汁を、容器に詰めて冷蔵庫で保存する。仕入れの品物は、夕べの打ちにパソコンで打ち出してあるから、お袋様と二人で、二軒のスーパーや農産物直売所を順に回って、無事に店に戻る。買い込んだ沢山の食材を整理して冷蔵庫に入れたら、女将がスポーツクラブに行っている間に、亭主は月に一度の床屋へ出掛けるのでした。今日は女将のお稽古が休みだから、遅い昼食を一緒に食べようという約束でした。

照りつける陽射しはまるで真夏のそれで、車外温度も25℃と気温はそれほど高くないのに、蒸し返るような暑さに感じるのは、やはり湿気のせいなのでしょう。梅雨明けのはずもないけれど、この暑さでは表で仕事をするのはとても無理。涼しい床屋の中は珍しく混んで、近所の息子さんの店から長男が手伝いに来ていました。彼等がまだ小さな頃から、もう40年近くも通い続けている亭主には、床屋一家の微笑ましい光景に見えるのでした。外はまさに炎天下。

女将より一足先に家に着いた亭主が、蕎麦屋の残り物で肉野菜炒めを作り、大釜に湯を沸かしておく。昼を食べればまた暑くなって涼しい書斎で横になる。一時間ほど眠ったら、いよいよ午後の仕事の開始で、三たび蕎麦屋に出掛けて、厨房の床の掃除にかかるのでしたが、これが一苦労。油の缶や漉し器をどかして、汚れ落としのクリーナーだけでは油汚れは落ちないから、台所用洗剤の原液をつけて、床用タワシでごしごしと洗い、雑巾で綺麗に拭き取ります。

それだけでもう汗だくで、外に出てモップを洗う次いでにミニ菜園の野菜に水遣りをする。大きくなっているナスやキュウリは、取って冷蔵庫に入れておく。厨房の床が乾かないとワックスは塗れないから、テーブルやカウンターのある客席の方も床を洗うことにする。ところがテーブルを寄せて半分だけ綺麗に洗ったところで、力尽きてしまう亭主なのでした。半分の床が乾かないと、テーブルや椅子を戻せないことに気が付いたので、プールに出掛けて気分転換をする。

今日はコースが空いていたから、一人で黙々と泳ぐだけ。知った人もいないから、誰にも邪魔されずにひたすら泳げば、あっという間に予定の距離を泳ぎ終えるのでした。帰り道にいつものコンビニに寄って、酒とつまみを買い込んだらもう蕎麦屋に戻る気はしなくなった。5時近い時刻だから、このまま家に帰って一献でも後ろめたくはない。今日は何度汗をかいたことか、よく働いたから少しは休んでも好いでしょう。横浜の娘からは孫の写真が送られてきていた。

ところが、夕食を終えたら女将がpekoの散歩に出掛けるというので、亭主も一緒に今日四度目の蕎麦屋通い。洗い終わった床の部分だけワックスを塗って、残りは明日。日も暮れてきた7時半過ぎ。考えたら女将をお稽古に送るよりも、ずっとハードな定休日なのでした。暑さのせいもあるのでしょうが、風呂に入って体重を量ったら昨日よりも減っているではありませんか。今日は蕎麦の出汁や蕎麦汁しか仕込みが出来なかったから、明日はかなり忙しくなりそう。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, 運動・健康. Bookmark the permalink.