真夏日と熱風の中を…

朝から強い陽射しの一日でした。午前五時半だというのに、太陽はもう森の向こうからのぼって、ぎらぎらとあたりを照らし出す。涼しいうちにと思ったpekoの散歩も歩くだけで汗をかく有様のでした。夕べはさすがに深夜まではワールドカップを見ていられないと、早朝のニュースで結果を知る亭主。四年に一度の開催だから、ルールの分かりやすい球技に興味が持てるのかも知れない。プロ選手の弛まぬ練習と先見の成果が現れているのだと勉強になるのです。

早めに朝食を終えて朝の早い日にはまた一眠り。洗面を済ませて着替えをすれば、やっと出掛けるモーションになって、朝からの熱い陽射しの中を玄関を出る。女将が大切に育てている朝顔が随分と葉を付けて、ウッドデッキに垂らした麻縄に絡みついているのでした.今朝は、夕べの追い打ちの蕎麦が生舟に一箱手つかずで残っているから、750g9人分をじっくりと打てば好い。ご飯がないから米を研ぎ、葱切りとインゲンを茹でれば、後は野菜サラダを刻むだけ。

夕べ漬けておいたキュウリの糠漬けは上々の出来で、やはり新鮮な野菜が一番だと嬉しくなる。塩でこすって15時間も漬けたのに、太くて大きなものだったから好かったのでしょう。女将が家で漬ける糠味噌はまだ水も出ていないと言うけれど、蕎麦屋の糠床は随分と柔らかくなっている。人間もそうだけれど熟れた頃が一番味が出るのかも知れないと、勝手なことを思っている亭主。今朝の蕎麦打ちも、余裕を持って捏ね始めたけれど、これが好い仕上がり具合。

蕎麦打ち室の湿度がいつもより随分と低かったから、今朝は40%強の加水率。丸出し四つ出しの行程で、しっかりと生地を均等に伸ばす準備をしておく。この段階で薄すぎる角があると、本伸しでもなかなか修正が難しいのです。綺麗な形で畳めれば、後は包丁切りのやり方次第だから、今朝は心持ち早めにトントンと切って、包丁の刃に粉が付かないように工夫してみたのです。やってみるものでこれだと畳んだ生地を最後まで均等な切り幅で切ることが出来た。

小鉢のもう一品は、夏野菜の上げ浸し。やはり赤のパプリカが黄色いカボチャに映えて彩りを添える。油で揚げると、ナスの紫色も色が変わらないから嬉しい。ズッキーニの歯ごたえも、他の野菜と違うから面白くて、一番色の落ちるのがオクラかも知れない。後は出汁の利いた付け汁がものを言うだろうと、結構な自信作なのでした。女将に言わせれば、「暑すぎてお客の来ない日もあるわよ」というデータ解析。かといって、準備をしないわけにも行かず18食の用意。

開店の15分も前に駐車場に車が入ったので、10分前までお待ちいただく。冬場は、寒いところを待っていただくのも可哀想だと、早めに店の中に入ってもらうけれど、いつも開店前から入れる店だと思われると、準備が終わっていないこともあるのです。今日もご飯は炊けていなかったし、天麩羅の油もまだ温まっていないのでした。「この間来たら、蕎麦が美味しかったので、また来ちゃいました」と、年配の女性の二人連れが賑やかにテーブル席に着くのでした。

いきなりヘルシーランチセットのご注文で、開店の時刻の前にもう一組、習志野からの常連さんがいらっして、もうサラダも売れ切れになる。蕎麦豆腐とデザートはまだ残っていたので、その後のお客は、刻んだサラダの菜を皿に盛り付けてお出しした。お客が増えれば、当然、仕込んでおく品の数も増やさなければいけないから、今はその頃合いを見計らっているという状態なのです。昼時には、あっという間に満席になって、二箱目の生舟にある蕎麦を茹で始める。

平日にも二桁のお客はだいぶ定着してきた感がある。カウンターの奥に座られたご夫婦は、帰りがけに挨拶されて気づいたのでしたが、よく見れば自宅のご近所の若い奥様なのでした。普段会うことのないご主人の顔は、とんと覚えていないからとんだ失礼をしました。一度、洗い物をする間が取れて、1時過ぎに後半のお客が続く。「お蕎麦が美味しかった。器もなかなか好いものを使っていますね」と旦那様が言って帰られる。外は熱風の吹く真夏日なのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.