雨のち曇りのち晴れ…

家の木槿(むくげ)が一斉に咲き始めました。いつも紫の花が何故か先に多く咲く。雨上がりの道を歩いて。今朝も蕎麦屋へ元気に出掛ける亭主。昨日の晩に糠床に浸けておいたキュウリが気になるのです。昨日の夕刻に農産物直売所で仕入れた新鮮なものだけれど、なにせ太いし大きいから、上手く漬かっているのかが少し心配なのでした。16時間も漬けたのに、塩をまぶさなかったから少し薄味だが、さすがに美味しくて、昔の人の知恵は素晴らしいと再認識。

米を研いで炊飯器にかけたら、早速、蕎麦打ち室に入って今朝の蕎麦を打つ。夕べの蕎麦が半分ほど生舟に残っていたから、今朝は1kgを打って17人分を用意する。昼に売り切れれば午後から追い打ちを掛ける覚悟でした。早めに来て店の掃除をしてくれる女将が、早お昼を食べに家に戻る頃には、雨はかなり降っていたから、夕刻の営業まで持つかも知れないと、淡い期待をしてはいたのですけれど、開店前から駐車場に車が何台か止まって、見事に外れた。

しかも、皆さん若いカップルばかりで、ひと組は成田からいらっしゃったリピーターで、もうひと組はなんと埼玉からわざわざ蕎麦を食べに来たのだとか。若いだけあって皆さん大盛りのご注文で、開店時間前にもう調理を開始するのでした。「今日は若い人ばかりで珍しいね」と、亭主が話せば、カウンターに座った二組のカップルも徐々に打ち解けて来る。女将が配膳を済ませる前に、若いご夫婦が小さなお子さんを二人連れてのご来店。もう駐車場は満杯なのです。

ご家族のお客様はいろいろな注文の仕方をするから、亭主も覚悟を決めて段取りよく蕎麦を出す。テーブル席が一つ空いていたけれど、年配のご夫婦がいらっして、これでもう満席。まだ、12時前なのでした。大盛りの注文が多いから、生舟の蕎麦はみるみるなくなっていく。女将は盆や皿を奥の廊下に下げて、テーブルやカウンターを片付けてくれる。その間にもう次のお客が来るという混みかただから、さすがに日曜日だけはある。何時の間にか雨は上がった。

1時前になったらやっと一段落で、一息入れることが出来ました。今日も1kgの蕎麦を丁寧に打ったから、四つ出しも本伸しも順調で、切りべら29本の細い仕上がりなのが、蕎麦を茹でていて気持ちがいい。蕎麦を上手く打つことが蕎麦屋の亭主の精神衛生上この上なく好いことがよく判るのです。生地の厚味も均等なのだけれど、包丁切りになってちょっと気になったことが一つあった。後半になって切りべらが、28本27本に減っているのが摩訶不思議なのです。

手元の感覚で切っていくのだけれど、目で見てほんの少し切り幅が太いかなと思ったところで切りべらを減らす。計量してみるとやはり130gで亭主の目に狂いはないのだけれど、同じ姿勢で包丁切りをしているはずなのに、どうして後半が太めになるのか。生地の厚さにムラがある時はさもありなんなのですが、畳み終えても厚味の均等さに自信があるのに、同じ切り幅にはなっいていない。これは一つの課題です。包丁切りのスピードも関係があるような気がします。

後半もぽつりぽつりとお客が入って、1時半過ぎには生舟の蕎麦も売り切れました。昨日よりは多い人数だったけれど、大盛りが多かったのが一番の理由。今日は天丼セットがいつになく出て、親子丼セットの注文もあったからご飯は珍しく完売。女将はセットメニューの味噌汁を何度も作り足していたのでした。冷蔵庫に一杯入れてあった小鉢もすっかりなくなって、気持ちのいいほど。天麩羅の具材も明日の分がなくなったので、夕刻に仕入れに出掛けるのでした。

午後からは陽も差して、今日はめまぐるしい天気。家に戻って一休みしたら、仕入れと追い打ちを掛けにまた蕎麦屋へ出掛ける亭主。明日の仕込みをしながらお客を待ったけれど、昼間あれだけ混んだからと、定刻に暖簾を下ろす。店を出ようとしたら、「今日はお休みなの?」と中年の女性が歩いていらっしたけれど、「もう閉店なんですよ」と、「お客のいないときは6時半に閉店します」という看板を指さす亭主。もう少し早ければ対応できたのに、申し訳なかった。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.