「梅雨だる」の一日…

早朝の散歩から帰ったpekoは、例によって主人の椅子の肘掛けに乗って一休み。今朝も霧が出ていたから、湿度はかなり高いのです。さすがに今日は晴れそうにもなく、午後から雨が降り出すというから、蕎麦屋の営業もどんなものだろうか。沖縄ではもう梅雨明けだというのに、やはり関東はひと月後までお預けなのか。朝食を終えた亭主が椅子に座れば、今度は膝に乗って怠そうに一眠りのpeko。女将がテレビで「梅雨だる」という言葉を仕入れたらしくて、

湿気が多くて自立神経系がやられてしまうのだとか、体内の水分が上手く外に出ないから怠くなるのだとか、いろいろ知識を仕入れたから能弁になるようだ。「汗をかくだけ動けばいいだけのことだろう」と言う亭主も、pekoと同じで実は湿気には頗る弱い。洗面を終えたのに、また横になって一眠りしてしまう。昨日の夜のうちにデザートの仕込みは終えたし、蕎麦も生舟一つ残っているし、今朝は蕎麦打ちは一度でいいから余裕がある。蕪の漬け物だけ出せばいい。

蕎麦は今朝も加水率40%で固からず柔らかからず、切りべら29本でちょうど130gになる細さで仕上がった。最近はかなり安定して蕎麦が打てているので、ストレスがない。湿度が80%もあるからか、たまに駒板が滑らずに切り損なったのが気になるくらい。駒板を押さえる左指の力のいれ具合が拙いのかも知れない。包丁は湿っぽくなったら蕎麦の粉が刃先に溜まるから、少し濡れた布巾で拭いたほうが切れ味が落ちない。いろいろな工夫は試行錯誤から…。

蕪の糠漬けも案ずるより産むがごとしで、16時間も漬けたのにちょうど好い出来具合。トマトとオクラとなめこのぽん酢和えは、綠色のオクラの色が落ちたけれど、ミニ菜園の紫蘇の葉を取ってきて、香りと色を添えてみました。カウンターに座ったご夫婦の奥様が、「とても美味しかった」と褒めて下さった。お客の入りも心配するほどではなく、12時前にはほぼ満席状態で、今日も随分と混んだ一日なのでした。生舟の一箱半を売り尽くして、夜の営業に備えました。

いつもお一人でいらっしゃる常連の男性がカウンター座られたので、「来月から少し値上げさせていただきます」と言えば、「丁寧な仕事をしているのだからからいいんじゃない」とおっしゃる。いつもご注文の「天せいろは1000円になるのです」と言うと、「もっと大胆に上げなければ」と言うものだから、「お安く出せるものは、上げ幅を少なくしないと」と、春の新蕎麦と秋蕎麦を打ち分けていた去年までの経緯をお話する。春の新蕎麦が出たら秋蕎麦は打たないつもり。

前半の満席状態が一段落すると、今日は珍しく洗い物をする時間が取れたので、女将がテーブル席やカウンターのお盆や皿を片付けている間に、亭主が速攻で洗い物をする。もう次のお客の車が駐車場に入っているから、急いで盆を洗って蕎麦打ち室に生舟を取りに行くのでした。「いらっしゃいませ」と女将が蕎麦茶を出して、亭主は天麩羅の油に火を入れる。今日は、天せいろはもちろんのこと、天丼セットやカルビー丼とご飯物もよく出たから嬉しいのでした。

天せいろばかりの日もあれば、ヘルシーランチセットが売り切れる日もある。その日その日のお客次第だから、全部の需要には応えられない。売れ残った場合のことを考えて、あまり欲をかかずに、毎日決まった数だけを仕込んでおくのが、経験から学んだ知恵なのでした。廃棄する食材の値段までメニューの価格に上乗せできないから、家に持ち帰ってすべて食べるのが低廉な価格で何とかお客にメニューを提供したいと願う小さな蕎麦屋の赤字対抗法なのです。

夕刻から強く降りだした雨の中を、女将は美容院に出掛け、亭主は夜の営業に車で蕎麦屋へと向かう。農産物直売所に寄って、ナスやキュウリを仕入れて帰る。ミニ菜園の出来はまだ今ひとつなのでした。明日の仕込みに揚げ浸しを作ろうと考えていたから、昼の洗い物を片付けたら、早速、仕事にかかるのです。ついでに明日のブロッコリーを茹でて、蕎麦豆腐も作り足しておくのです。仕込みの終わる6時過ぎには、雨でお客も来ないからと早じまいをするのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.