暑く暇な一日…

玄関先の木槿がいっせいに咲き出したから驚きの朝なのでした。pekoの散歩の時間には霧が立ちこめてみずき通りも見通しが悪い。霧の出る日は晴れることが多いから、「暑すぎてもお客が少ない」と女将が言っていた。昼過ぎからぽつりぽつりとお客は来たけれど、昨日に比べたら暇で仕様がないのでした。早めに暖簾をしまって家に帰ったら、パソコンに写真と売り上げデータを入力し、いつもなら眠くなるのだけれど、今日は眠れないのでプールに出掛ける。

混んだ時間帯だったけれど、水泳の選手らしい若い女の子が、よく水に乗ってドルフィンキックを打っていたから、準備体操を終えた亭主も心持ちスピードを上げてウォーミングアップをするのでした。二人とも休みなしでターンを繰り返すから、7,8人泳いでいた老人たちは何時の間にか別のコースに移ったらしかったのです。最後は女の子と亭主だけが気持ちよく水を切る。アップテンポでもまだ泳げる歳なのかと、少しは自信を取り戻す亭主。久し振りに汗をかいた。

家で食べる物がないからと女将に買い物を頼まれていたから、帰りに西の町のスーパーとホームセンターに寄って肉や魚をみつくろって、ついでに日本酒を買うのを忘れない。歩いて出掛ける女将には、入浴剤は持って帰るのが重たいと言うので、幾つか種類の違うものをまとめ買いしてやる。帰り道にいつものコンビニに寄って煙草と焼酎と焼きげそを買う。「ワールドカップ観戦の準備ですね」といつものお姉さんが「飲み過ぎないで下さい」と優しいのでした。

湿気には弱い亭主でしたが、プールで久々に汗をかくほど泳いだら頭も身体もすっきりとして、おまけに風呂の前に体重を量れば大幅ダウンの嬉しい悲鳴なのでした。夕飯を食べてまた蕎麦屋に出掛けて、明日と明後日の分の出汁を取る。パコデルシアのフラメンコギターの曲を流して、明日のデザートに蕎麦羊羹を仕込んでいたら、お隣の奥さんがカボチャの従姉妹煮を分けてやった容器を返しに来る。「テンション上がりますね」「忙しいね奥さんも」と言葉を交わす。

若い家族は毎日が忙しい。奥さんが車を運転するから、子供の送り迎えやら晩の支度と、夜になっても大活躍の様子なのでした。家に帰って女将に話せば、「若い頃はみんなそうなのよ」と、思い出すように話すから聞いていて面白かった。今日は、紐のスイッチがちぎれた書斎の蛍光灯を直そうと、明るいうちに分解して海釣りのリールに使う糸で補強した。前にも直したけれど構造上切れやすい。和風の傘を取り付けようとすれば落として木の桟が折れてしまう。

仕方がないから、傘のない裸電球のまま当分使うことにする。まだ来ていないけれど、この間、居間のテレビを買って貰ったばかりだから、あまり贅沢も言えないのです。家中のものが古くなってきているから、いつ壊れてもおかしくはない。若い頃は勢いがあったから、車もそうだけれど、すぐに新しいものに取り替えていたのに、最近は、何でも大事に使わなければと思うようになったから、年齢と共に生活も変わるのかも知れない。それにしても暑い一日でした。

昼にいらっした横浜ナンバーの車のお客は、もしかしてと思ったけれど、知っている人であるはずもなく、用事があってこちらまでいらっしたと言うご夫婦なのでした。たいそう美味しそうに蕎麦を召し上がって、粉から溶いてお造りした蕎麦湯まで、綺麗に飲んで帰られたから嬉しかった。もうひと組の熟年のカップルは、せいろ蕎麦の大盛りのご注文で、帰りがけに亭主の前の職場の女性と知り合いなのだとおっしゃる。これで報告が出来ますと言って帰られた。

カルビー丼の男性もカウンターで美味しそうに蕎麦を啜っていたっけ。今日の蕎麦は、仕上がりも綺麗で、もっと多くのお客に食べていただきたかったけれど、昨日は随分と混んだから、ちょうど好い塩梅と思おう。今月になって、平日も平均すると10人以上のお客が来店しているから、営業的には上向きと言っていい。後6日で去年の実績を越えられるか。そろそろ毎月の赤字を心配する経営状態からは脱却して、もっと自由に料理のレシピ研究がしたいもの…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 経営, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.