平日の満員御礼、お蕎麦売り切れ…

アガパンサスの咲く、雨上がりの朝。まだ眠たい目をこすりながら、pekoの散歩に蕎麦屋まで行って、タラの芽の葉の間から木槿の花が顔を覗かせているのを見つけた。自宅にあったものを蕎麦屋の西側の垣根に植えたのでしたが、こんな色の木槿があったかしら。昨夜に続けて今朝もお客に頂いた小田原の金目鯛の開きを朝食に食べる。随分沢山あったのだろうか、高価なものなのに有り難いことなのです。「こんな美味しい開きは食べたことがない」と女将。

食後にまた眠くなったから、朝ドラの終わる時間まで横になる。早起きは好いのだけれど、眠り足りないのか、最近の悪い習慣になってしまった。女将にコーヒーを一杯入れてもらったら、今朝も仕事と重い腰を上げるのでした。湿度が高いのは苦手な亭主だから、蕎麦屋へ出掛けてもどうも調子が出ない。取りあえず、糠味噌に漬けたナスとキュウリを取り出して、小鉢に盛り付けておく。糠床の調子は上々で、ミョウバンが効いてナスの色も綺麗に出ているのでした。

いつもより少し遅く蕎麦打ち室に入って、今週も750gの蕎麦を二回打って18人分弱の蕎麦を仕上げるのでした。切り終わりの蕎麦は不体裁だから、スタッフと食べる賄い蕎麦にして、お客に出すのは綺麗に切れている16食分。これが今日はすべて売り切れたから、定休日明けの平日にしては週末並みの記録的な混みようと言える。嬉しい限りなのですが、それほど忙しいという気もしなかったから不思議です。開店から閉店時間まで店はお客で一杯だったのに。

朝の気温は22℃ほどだったけれど湿度が高いせいか、40%の加水でも生地はかなり柔らかい。生地が柔らかめの時は、伸し棒を強く伸してはいけないと最近は分かってきたから、伸し棒はほとんど転がす程度。丸出し、四つ出しの時にも、生地が柔らかいから、力を入れすぎると形がいびつになりやすいのです。これをクリアして、今日も細い美味しそうな蕎麦が仕上がったのでまずは安心。米を研いで炊飯器にかけるのを忘れていたから、慌ててスタッフに頼む。

野菜サラダの具材を刻んで盛りつけを終えたら、もう開店10分前になっていた。暖簾を出せば三人連れのお客様がすぐにご来店で、続けて、習志野からのいつもの常連さん母娘が車でご到着。先に入ったお客がメニューを見ている間に、「いつものですか?」と尋ねれば、「はい」と言うので、天せいろとヘルシーランチセットを準備しながら、先日のお土産のお礼を言う亭主。続けて三人連れのお客様がいらっしたので、母娘のお二人がカウンターに移ってくださった。

厨房に立つ亭主もやっとエンジンがかかってきて、次々に天麩羅を揚げ、蕎麦を茹でる。平日は三つしか用意していないヘルシーランチセットがもう売り切れて、蕎麦豆腐も単品で出たからすべて完売なのでした。デザートに用意した抹茶小豆も今日は随分と出たから嬉しかった。後からいらっした三人組の奥様たちは、コーヒーまでご注文して下さって、ロイヤルアルバートの菓子皿付きティーカップに感嘆の声が上がる。コーヒーも7月からは350円にするつもり…。

前半のお客に途切れることなく、後半も常連さんやご新規さんが続々とご来店なのでした。当然、洗い物をしている暇がないから、奥の廊下に下げて後から洗うことになる。後半は、鴨せいろや天丼セットなどが幾つか出て、ちょっと天せいろが途切れるのだけれど、天麩羅の具材はとっくになくなっていたから、カボチャやナスや生椎茸を切りながらの調理になる。カウンターに座ったリピーターのご夫婦が、「どうしてまた蕎麦屋を始めたの?」と話しかけてくるのです。

奥様が蕎麦を打ち始めたきっかけを聞きたがり、話せば長いけれどといつもの調子で笑って応える亭主に、ご主人は老後の呆け防止なのかと笑っておっしゃる。オープンカウンターはお客との距離も近いから、話しかけやすいのかも知れない。そんな気楽な雰囲気を気に入ってくれたお客様が繰り返し通ってくれるので、平日でも蕎麦が売り切れるようになったのかも。スタッフを先に帰し、一人で後片付けや明日の仕込みを終えて、家に戻ったのは午後の4時半。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.