5月最終日は、平日に満員御礼、お蕎麦売り切れ…

天気予報も当てにならない今朝の天気。pekoの散歩の時刻には青空も覗いて涼しい陽気なのでした。昨日も10時半と早く休んだのに、今朝もなかなか起きられなかった亭主。5時台から床の中でストレッチをしていると、また何時の間にか眠っているから不思議なのです。8時間睡眠でもまだ寝足りないというのは、女将に言わせれば夜食や寝酒のせいで眠りが浅いのだとか。結局、6時半に居間でpekoが朝食を終えるのを待って、やっと散歩に出掛けるのでした。

蕎麦屋のミニ菜園の野菜たちも夜の雨ですっかり元気になって、駐車場の美央柳も随分と花を咲かせているのです。米を研いで炊飯器にかけ、昨日干した洗濯物を取り込んだら、ぶらぶらと家路に向かう主人とpeko。今朝の蕎麦打ちは750gを二回打って17人分の蕎麦を用意すると決めていたから、朝の仕込みは葱切りと野菜サラダの具材を刻んで…と、開店前の段取りは、昨晩から何度も復唱しているのでした。いつもの時刻に朝食を終えて蕎麦屋へ向かう。

蕎麦打ち室の室温は24℃、湿度は60%だったから、今朝も加水率は42%。ちょっと固いかなと思ったのですが、捏ねているうちに水分がにじみ出てくる。地伸しを終えて伸し棒で丸出しをしていくところで、丁寧に正円を作らないと四つ出しが上手くいかない。右手と左手の力の掛け具合で、少しずつ中心がずれてしまうのは要注意なのです。生地の厚味を均等にするためには、まずはこの行程で滑らかに四つ出しに入ることが肝要。今日も切りべら28、9本で130g。

亭主が蕎麦を打ち終える頃には、スタッフがやって来て店の掃除をしてくれる。葱切りを済ませて、野菜サラダの具材を刻むまでには、昨日までに作っておいた小鉢の野菜を盛り付けてくれる。すれ違うのも窮屈な狭い調理場の中では、お互いの息が合わないととても動きづらいのですが、4年も一緒にやっていると、お互いの次の動作が読めるというか、邪魔にならずにいいタイミングでサラダを盛り付ける皿が用意され、亭主は小鉢の写真を撮り終えるのです。

昨日作っておいた夏野菜の揚げ浸しも、いい色合いで盛り付けられたから嬉しい。準備が整ったところで、開店前の20分間で野菜のかき揚げを作り、蕎麦を茹でてぶっかけで賄い飯を食べ終える。明るく外を照らしていた太陽が何時の間にか姿を消して、どんよりと曇った天気になったから、定休日明けの平日はまたお客が少ないのかと不安がよぎるのでした。ところが、暖簾を出して20分ほどしたところで、次々とお客がご来店で、いきなり駐車場は満杯になる。

常連さんがほとんどだったけれど、5人連れの老人たちがいらっしたところで、カウンターもテーブルも一杯。やっと最初のご夫婦に天せいろを出し終えたところで、3組ほどが注文の蕎麦をお待ちになる有様。厨房はいきなり忙しくなったけれど、幸いに天せいろばかりで助かった。5人連れのお客は全員温かい天麩羅蕎麦で、次々と天麩羅を揚げてはお出ししていく。その間にも、歩いていらっしたリピーターさんや、お一人の常連さんとお客はまだ続くのでした。

満席の看板を出してもまだリピーターのご夫婦がご来店で、そうしている間に、生舟の蕎麦は速いペースでなくなっていくから、遠い町からいらっしゃる常連の母娘がいらっしたところで、「お蕎麦売り切れ」の看板を出すのでした。12時半だったから、ちょっとペースが速すぎる。それでも、まだ会社員風の男性客がお一人でカウンターに座るので、「これでお蕎麦はすべて終わりです」と亭主が言うのでした。天せいろとヘルシーランチセットばかりが随分と出た感じ。

5月の最終日で平日だというのに、今日は週末並みの混みようでした。熱海まで出掛けて蕎麦を食べたら美味しくなかったとか、週末に軽井沢に出掛けたけれど蕎麦を食べる気にはならなかったと、霊犀亭で蕎麦を食べるのを心待ちにしてくださったと言うお客もいて嬉しい限りなのでした。滅多にはないことなのですが、1時過ぎには全員お帰りになったから、早々に暖簾をしまって、テーブルに置いたままの盆や皿を片付けたら、洗い物にかかり切りになるのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.