梅雨空の始まりか…

8時間近くも床の中にいたのに、まだ眠り足りない気がする朝なのでした。定休日なのに二日も続けてpekoの散歩を女将に任せるのは悪いと思って、7時前には居間に入ってお茶を一杯飲んでいたら、「わたしが散歩に行きましょうか?」と女将に急かされて、とっくに朝食を終えたpekoを連れ出す亭主。門を出れば、今日は自分で近回りの公園に向かうから、たまにはいいかと亭主も後を追って行く。ご近所の紫陽花が綺麗に咲いていました。明日で5月も終わり。

公園の奥に続く森の木々も、鬱蒼と茂って夏を待っている。桜の咲く時期から藤の季節までが本当に短かった今年の陽気は、爽やかな五月晴れのはずの季節も、忙しなく過ぎて行ってしまったような気がする。蕎麦屋に来たお客さんが「春が短くて冬からいきなり夏なんですよね」と言っていたのを思い出す。午後からは雨が降るという予報だったけれど、蒸し蒸しとする空気とこの曇り空は、入梅の時期を告げているかのようなのでした。さあて、今日の仕事は…。

何ブロック先かの角を曲がれば、また紫陽花の花の咲くお宅が続く。蕎麦屋の周囲の草取りもしなければならないし、雨の降る前にグリストラップの掃除もしなければ。十分に目覚めていない身体と頭では、すべて面倒に思えるけれど、今日の仕込みは昨日やり残した夏野菜の揚げ浸しから始めると決めていた。女将がスポーツクラブから帰る昼までに、どこまで出来るか。デザートの仕込み、天麩羅の具材の仕込み、昨日買えなかった食材の仕入れが残っている。

蕎麦屋の建物を建てて5年目、正式に開業して4年目を迎える霊犀亭の駐車場の植木も毎年剪定をしているのだけれど、この時期になると鬱蒼と生い茂ってくる。気にはなっているのだけれど、今日はとにかく草取りが目的だから、ビニール袋を片手に持って、植え込みの周りの雑草をどんどんと抜いていく。30分ほど地面を這うようにしてあらかたの草を抜いたら、頑張って今度は東南の庭の草取り。これも30分ほどで終わったから始めてみれば訳はないのでした。

軍手をしていても汚れた手を、石けんで二度洗いして、いよいよ今朝の仕込みの開始です。毎年、夏になると作っている揚げ浸しを、何とか日にちが経っても色が悪くならないようにと、今回は使う食材を少し替えてみたのです。新鮮な茄子を最初に揚げて、トマトの代わりに赤のパプリカを、白と緑はズッキーニでアクセントを付けて、オクラとインゲンを少々。それぞれ揚げて冷やしておいた出し汁に浸けていく。カボチャは天麩羅の具材の端切れを三角に切って使う。

ミニトマトだとどうしても割れてしまうことが多く、シメジを使っても色合いがパッとしない。インゲンも今回初めて入れてみたけれど、ズッキーニと一緒に農産物直売所で蕎麦屋の常連さんの作った物を買ってきたのでした。揚げ浸しそのものは、和風の料理だとは思うのですが、油と相性がよくて、色合いも鮮やかな素材はイタリアン系の素材が合うかと考えたのです。勿論、出し汁は一番出汁と薄口の出汁醤油。女将と食べる昼食に、試食用のサンプルを用意した。

始まるともう止まらなくなるのが身体の疲れていない定休日の仕込みで、空いた火口で煮物用のインゲンや野菜サラダに添えるブロッコリーを茹でたり、天麩羅の具材を切り分けている間に、蕎麦豆腐を仕込んで、デザートの水羊羹を仕込む。あれよあれよという間に、今日一日分の仕込みを終えてしまったから我ながらびっくり。寒天の固まる間に、団地の中のスーパーに行って昨日買い残した厚揚げと次がなくなった寒天の粉を買い求め、家路につくのでした。

ちょうど女将も帰ったところで、二人で台所に立って、亭主が残り物の野菜をみじん切りにしてカレー炒飯を作る間に、女将が亭のミニガーデンで間引きしたカブのつまみ菜を、茹でてお浸しにする。先ほどの揚げ浸しも小鉢に盛って出されていた。スープを作るのを忘れたけれど、たまにはなしでも好いと二人で昼飯にする。これなら午後はプールへ出掛けられる。夜のパトロールが雨で中止になるかどうかで、夕刻の一献が出来るかどうか、心配なところなのです。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.