好意的なお客様ばかりで嬉しい一日…

紫陽花の花も今年は随分と早く咲きました。今朝も6時起床で、梅干しを食べてお茶を一杯飲んだら、pekoの散歩に蕎麦屋まで出掛けるのです。未央柳(ビヨウヤナギ)も沢山のつぼみを付けて、早い花はもう開いている。「…太液芙蓉未央柳  芙蓉如面柳如眉  對此如何不涙垂…(たいえきの芙蓉びおうの柳 芙蓉は面のごとく柳は眉のごとし これに対していかんぞ涙たれざらん)」と、高校時代に覚えた長恨歌の一節が蘇ってくるのでした。楊貴妃の面影。

蕎麦屋の駐車場には、この時期、ミズキ科のヤマボウシも初夏の彩りを添えてくれる。お花の好きなお客様に尋ねられても、応えることが出来るようにと、花好きの亭主も普段から少しは勉強をしておかなくてはならないから、蕎麦屋も大変です。「この花は何という花ですか」と訊かれて、「白いのは花じゃなくって花を包んでいた葉なのですよ」と、説明をすると皆さんフーンということに。「中にある小さなのが花で、秋になると赤い実になるんですよ」と知ったかぶり。

今朝の蕎麦打ちは、久し振りに1kgを打って12人分余りを包丁切りする。手の小さな亭主には、やはり1kgの粉を捏ねるのは御しにくいのです。蕎麦粉の量が増えれば増えるほど、力がいるから、涼しいはずの朝だったのに、打ち終えたらもう汗びっしょり。隠居仕事の蕎麦屋と称して憚らないのは、沢山蕎麦を打ってどんどんお客に出し、売り上げを伸ばそうとしないからだけれど、週末はお客が多いので、足りなくても申し訳ないから、ちょっと頑張ってしまうのです。

加水率は今朝も42%弱。生地の具合は頗る好くて、丸出し四つ出しも厚味が均等に上手く出来たから嬉しい。昨日の残った蕎麦と合わせて20食を用意したけれど、これで夜の営業まで持たずに夕刻にまた追い打ちをかけたから、女将の去年のデータ通りに、今日は混んだのです。加水の加減がぴったりだった時は、包丁切りをしても綺麗に蕎麦が切り揃うから不思議。11時前にはもう最初のお客が駐車場に車を入れているから困った。見覚えのある顔だった。

さすがに大鍋の湯も沸いていないし早すぎるから、サラダを盛り付け終わって、賄い蕎麦をぶっかけで食べる。一旦家に戻った女将もまだ現れないから、そのうちに車は何処かへ行ったらしいのです。それでも、開店20分前には違うお客がいらっして、ご飯は炊けていませんけれどと、店の中へ入っていただいたのです。成田の方からわざわざ美味しい蕎麦屋を捜していらっしたらいのですが、「ご希望に応えられるかどうか」と、鴨せいろを二人分お出しする。

蕎麦好きと言う若いカップルは、「これは美味しい」とおっしゃるものだから、「お世辞でも嬉しいですよ」と、おだてには乗る亭主。5分前に暖簾を出したら、先ほどの車が戻って来て、見た顔の中年のカップルがご来店。聞けばやはり昔の教え子夫婦で、亭主も名前を覚えていたから好かった。高校を卒業して30年以上も経つというのに、昔の面影は残っているもの。神奈川県からわざわざ車を飛ばして来てくれたのだという。蕎麦が美味いからとせいろ蕎麦を追加…。

それからというもの、次々とお客が入って、駐車場も満杯続きだから帰るお客もいるほどで、女将はテーブルの盆を下げるので忙しい。亭主は天麩羅の具材を切り足して、どんどん蕎麦を茹でるのだけれど、皆さんゆっくりと寛いでいる様子だったから嬉しいのでした。常連さんの一人客もカウンターでお待たせしているから、申し訳なく野菜サラダをサービスでお出しする。ヘルシーランチセットも随分と出て、用意した食材は全部出払ったのです。これには驚いた。

最後のお客は近所に美味しい蕎麦屋があると聞いて来たとかで、橋を渡った団地の中の住人らしいのです。奥様がいろいろと亭主に尋ねるものだから、お客もいないし一つ一つ丁寧にお答えすると、ご主人が「また来ますから」と言って、やっとお帰りになる。車を移動してくれたり、席を空けてくれたりと、今日のお客さんたちは皆さんとても好意的なので嬉しかった。大量の洗い物を終えて家に戻れば、夜の営業と明日の仕込みの段取りを考える亭主なのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.