厨房は汗だくで…

薄曇りの朝、太陽はうっすらと姿を見せていたものの、まるで梅雨の始まりのような空模様。pekoの散歩も早々に終えて、今朝は7時に朝食、7時半には亭主は蕎麦屋へ出掛けるのでした。小鉢も足らないかも知れないと、夕べから心配していたから、苦し紛れの切り干し大根と椎茸と油揚げ人参の煮付けを付くって、蕎麦を打ち始めるのです。向かいの畑では、お母さんと息子とが、連携よく籾殻を畑に蒔いている。「お早うございます」と声をかけてしばしの会話。

「もう今朝も田んぼにも行ってきたんだよ」と、年老いたお母さんがよく働く息子の自慢話をする。「まったく偉いよね」と、亭主も元気を貰って蕎麦打ちに励むのです。今朝の蕎麦打ちも加水率42%で昨日よりも更に上手く捏ね上げて、蕎麦切りも上々の出来だったから嬉しいのです。女将の来る前に小鉢も盛り終えて、早め早めに仕込みを終える。野菜サラダの具材もスピードを上げて刻んだら、開店前にかき揚げを揚げて賄い蕎麦を食べることが出来ました。

開店の前に店の前の通りに、隣の農家のお爺さんが自転車に乗ってやって来るから、もしかしてと思ったのだけれど、蕎麦を食べに来たのだと言う。4年目にして初めてのご来店だったから驚いたけれど、「年寄りだから沢山食べられないから、何か作ってください」と言うので、大根の煮物とせいろ蕎麦を作って差し上げる。カウンターに座って、「お母さんに会って、昨日の話をしたんだよ」と、90歳近い年齢なのに、いろいろとよく覚えているものだと感心する亭主。

後でお袋様に電話をしたら、「昨日、草刈りをするときに、冷たい飲み物を持って来てくれた」と大層喜んでいたのだそうな。広い畑をこの歳でいつも一人で耕している姿を見ているものだから、いろいろと教えられることの多い年寄りの一人なのです。カウンターの向かいに座って長い話にもいちいち相づちを打って耳を傾ける亭主。長いお付き合いだから、女将のこともよく知っていて、全部は食べられないかと思った蕎麦も完食なさってお帰りになる嬉しいひととき。

「冷たいお蕎麦が美味しかった」と言って帰られた。次のお客がいらっして話が途切れたけれど、女将が玄関口まで丁重にお送りして、蕎麦屋は本格的に稼働し始めた感じ。何度もいらっしている常連さんご夫婦で、ご主人はいつもと同じカルビ丼とせいろ蕎麦のセット。店の電話が鳴って、「今、成田なんだけれど、三人で天麩羅蕎麦を頼めますか」とリピーターさんからの電話。そうしている間に、若い女性が三人連れでいらっして、ヘルシーランチセットのご注文。

今日は、野菜サラダも蕎麦豆腐もデザートも全部売り切れで、嬉しい限りなのでした。成田からいらっしたと言う三人連れも、無事に到着して蕎麦を召し上がって行かれた。近くの小学校の運動会で、給料日後の割りには、随分とお客の入った午後なのでした。湿気があるからとクーラーを入れていた店の中は24℃。女将は涼しすぎると言うけれど、厨房で火を使っている亭主はもう汗だくなのです。これから夏にかけては、下着の替えを家から持ってくるのです。

最後お客が帰ったら、幟をしまって暖簾を下ろし、後片付けに余念のない夫婦。午後の2時半には家に戻って一息入れて、女将は美容院に出掛け、横になっていた亭主も4時前には再び蕎麦屋へ出掛けるのでした。大釜の火を点けて、明日の仕込みを終えたら、もう6時を過ぎていた。明日はきっと混むに違いないと、妙な胸騒ぎがしたけれど、今宵はこれでお終いと、さっさと帰り支度をする。と、ここまで書いて睡魔に襲われたのでした。やはり夜の営業は疲れる。

 

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.