今日はうだるような暑さで…

朝のうちは蕎麦屋の店内に熱気がこもっていたので、窓を開けて冷気を入れたのですが、今日は暑くなると言うので、エアコンを入れ始めたら、もう、南風の吹く外の方が蒸し暑いのでした。蕎麦打ち室の温度は24℃、湿度が60%だったから、昨日と同じに42%の加水率で今朝も蕎麦を打ち始めたのです。水回しを終えて捏ね始めたら、これがちょうど好い水加減。それが幸いして、丸出し四つ出しも綺麗に決まり、今日はとても伸しやすく、切りやすかったのです。

生地の奥行きがほとんど90cmになったので、少し長めの畳みだから、切りべらは26、7本程度に抑えて約130gの蕎麦をぴったり9人分取ることが出来ました。昨日の生舟に残った蕎麦と合わせて、今日も15食以上の蕎麦を用意したのです。包丁切りもこのところ、少し早めにピッチを上げて切っているのですが、どうもまだ完璧には切り幅が揃わない。そこが名人とは違うところなのですが、速さと正確さは追求すべきだと考えているから、まだまだの亭主なのです。

茹でてしまえば気にならない程度の切り幅でも、蕎麦を打っている当人からすれば、駒板の送りが気になるし、包丁の下ろし具合が気になるもので、リズミカルに切るという基本に返る必要があると思うのでした。一人前ずつ切り止めて計量するから、尚更のこと次の切り始めがまた最初からやり直すのと同じだから、リズムに乗れないと言うこともあるのか。蕎麦が乾燥しないように、一人前ずつペーパーで包んで生舟に保存するのは、やはり、今は必要な気がする。

今朝は蕎麦打ちを終えたら、昨日の夕刻に農産物直売所で仕入れて来た新鮮なキュウリを、早速、カブとニンジンと合わせて浅漬けにする。明日の小鉢の準備なのだけれど、野菜はやはり新鮮なうちに塩漬けにした方が水も出るし、美味しく仕上がるような気がするのです。まだ、ハウス物のキュウリだからちょっと値が張るけれど、美味しい小鉢を出したいと思う気持ちの方が強かったのです。市販の浅漬けの素を使うと当日に食べられるけれど、調味料臭い。

カブもニンジンも旬の野菜だからとは思うのだけれど、昆布をもう少し入れた方が好かっただろうかと、心配は尽きない。野菜サラダの具材を刻んで盛りつけが済んだところで、今日は賄い蕎麦を食べる暇があった。かき揚げを揚げ、蕎麦を茹でたらスルスルスルッと2分で完食。奥の座敷で一服している間に、もう店にはお客が来たらしく、話し声が聞こえる。「開店前なのに済みませんね」と、作業着姿の若い男性客が、天せいろのご注文。「今日は暑いですね」

と、亭主が支度を始めれば、「今年は春がなくっていきなり夏ですよね」とおっしゃる。蕎麦を茹で上げて蕎麦皿に盛っていると、もう次のお客がいらっしゃる。「先週、来たら駐車場が一杯で入れなかったのよ」と、団地の中の住人らしく、今日は大丈夫だろうかと、心配しながら来て下さったそうな。昼前にもうテーブルも一杯になったから、今日はまた混むのかしらと心配したけれど、それっきり、ぱたりとお客が途絶える。「お蕎麦は美味しかったですか」とは、亭主の言。

「細いから喉越しがよかったわ」とは奥様。旦那様は親指を立ててグーの合図をしてくださった。蕎麦湯も美味しいと、綺麗に飲み干して帰られたから好かった。「チラシも入ってないのよね」という奥様には、「小さな蕎麦屋だから、行列が出来ても困るので」と亭主が言い訳をする。毎月、赤字の蕎麦屋では、チラシを出す余裕もないのが現実で、一日15食では、沢山のお客には対応ができないのです。平日にもう少しお客が入れば、とんとんの営業にはなる。

最後にいらっしたご夫婦も、随分と遠くから来て下さったリピーターでしたが、お蕎麦が美味しいと言って帰られたのが何よりなのでした。今日はランチセットも出て、サラダや蕎麦豆腐もなくなったから、午後の暇な時間に蕎麦豆腐を仕込んでおく。お隣の農家のお爺さんが、草刈りの音を気にしてくれて午後の暑い時間に始めたから、冷たい飲み物を持って慰労しに出掛けた。夕刻は町内会のパトロールでご近所の方々と地域を回る。会話の機会あって好かった。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.