再び真夏の陽射し…

昨日は久し振りにプールで泳いで、夜も風呂の時間まで蕎麦屋に仕込みに出掛けたから、疲れてしまったのか11時前には床に就いたのに、今朝は8時を過ぎたのになかなか起きられなかったのです。女将が「具合でも悪いの?」と起こしに来てくれ、やっと目覚めた亭主。急いで朝食を済ませて蕎麦屋に向かうのでした。米を研いだら蕎麦を打ち、葱切りと野菜サラダの具材を刻めば仕込みは終わりだったから、慌てずにまずはコーヒーを一杯飲んで目を覚ます。

蕎麦打ち室の気温は22℃、湿度は60%を越えていたから、加水率は42%で打ち始めたら、これがちょうど好い塩梅。トントントンといつもより早いスピードで750gの蕎麦を二回包丁切りして、17人分の蕎麦を用意する。切りべらは29本で130gと、最近は滅多に違わず細い蕎麦が打てる。やはり、加水の加減と水回しが肝心なのでしょう。その日の丸出し、四つ出しの具合で生地の厚味が均等になるかどうかが、決まってしまうような気がするのです。今日は成功。

病休明けのスタッフがやって来て、5月の最終週も順調な幕開け。向かいの畑では雉の夫婦が巣作りに余念がないらしく、藪の茂みに雌が入れば、体色鮮やかな雄は周囲でうろうろとしているのでした。のどかな田舎の光景。開店前の忙しい時間帯に、店の電話のベルが鳴ってお客かと思えば、例によって営業の勧誘の電話。はっきりと断っているのに何度もかけてくるから、着信拒否にして仕込みを続ける。お蔭で大釜の火を点けるのを忘れて、開店が遅れる。

定休日明けの油を新しく降ろした日には、いつものように近所の会社の社長が徒歩でいらっして、野菜サラダと天せいろを注文なさる。話をしているうちに、大型の高級車に乗って遠い町から常連の母娘さんがお見えになる。最近は週に二度ほどお見えになるから、よほど気に入っていただいたと見える。と思えば、若い夫婦が母親を連れてのご来店。病院で一時帰宅の許可をもらったからと、蕎麦を食べに来てくれたとか。皆さんゆっくりと寛いでいらっしゃる。

1時を過ぎて一段落したので、スタッフと賄い蕎麦をぶっかけで食べる。天せいろが沢山でたから、揚げ玉に茹でたインゲンを載せてスルスルスルッと食べるのでしたが、病み上がりのスタッフが、「久し振りのお蕎麦が美味しい」と喜んでくれた。僅か5分の昼食だけれど、その日の蕎麦の具合がよく分かるから、今朝打った蕎麦は確かに美味しいと感じるのでした。外は相当な暑さで、エアコンを入れた店の中も26℃になっているから、まるで真夏の陽気なのでした。

早めに自宅に戻って、売り上げデータをパソコンに入力したら、カメラを蕎麦屋に忘れて来たのに気が付いて、洗濯物を干すついでに蕎麦屋に寄って、帰りがけに農産物直売時に行ってそら豆とスナップエンドウを買って帰る。そら豆はやはりその日採れたものが一番美味しいのです。女将が買い物に出掛けて、鰹の刺身を買って帰るから、今日の暑さにはぴったりの酒の肴。女将と二人で相撲中継を見ながら、亭主は一杯やっていい気分。暑い昼間なのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.