七月の陽気…

夕べも早く休んだから、今朝は5時半には起床の亭主。pekoも起き出して吠えているので、6時過ぎには蕎麦屋まで散歩に出掛ける。サツキの花が散り始めているご近所や、ラベンダーの鮮やかな紫色が香るお宅を通り過ぎて、朝のひんやりとした空気を胸一杯に吸い込むのでした。それぞれのご近所のいろいろな花が、季節毎に目を楽しませてくれるから、見ていて飽きないのです。古い団地には花好きの人々が多く、この時期にも庭木の剪定に余念がない。

近くの農家で畑を借りて家庭菜園に勤しむ老人たちも多いのです。霊犀亭の主人は、自宅の食べられない花木を女将に任せて、蕎麦屋の裏庭にあるミニ菜園で食べられる野菜を育てている。東南の角はオリーブやベイリーフ、ローズマリー、セージなどの洋物のハーブのスペース。フェンスにジャスミンの蔦を這わせた西側のより狭い通路には、蕗や紫蘇やパセリを植えて、南西の角からタラの芽、コゴミ、ミョウガ。日当たりのいい場所に夏野菜を植えたばかり。

ナスやキュウリの早い苗がもう花を咲かせて、トマトも順調に生育している。種を播いた辛味大根や蕪、オクラの芽が出て、pekoを玄関口に待たせて朝の水遣りを済ませる。8㍑の如雨露に6回分の水を撒いたら、また家に戻るのでした。定休日とは言え、朝食を終えていつもの時間には仕入れに出掛けなければならないから、のんびりと休日の時間を過ごすことはない。お袋様に電話をして車で迎えに行き、三軒のスーパーや農産物直売所を回って帰るのです。

小鉢にする旬の野菜は、蕪と胡瓜と人参に春キャベツの浅漬け。昆布と唐辛子を加えて旨味を出しているつもり。大根は二本買って三分の一ほどを下茹でして出汁煮にする。蕎麦屋の二番出汁と薄口の出汁醤油で味つけして、旬の綠を添えて出すだけだけれど、お客は残さず食べてくれるから嬉しい。たまに、出汁の香りが美味しいと判ってくださるお客もいるけれど、琥山窯(こざんがま)の小野隆治作という三つ足の小鉢を、褒めてくれたお客はまだいない。

添える綠にはこの時期、蕗や絹さやインゲンと近場で手に入る旬の野菜をと工夫しているつもりだけれど、果たしてどれだけのお客が季節と見た目と味を感じてくれるのだか。季節毎に替えている天麩羅を盛る天紙を褒めてくれるお客は少しずつ増えてきたから、何事も継続していかなければいけないのでしょう。美味い蕎麦の味わいの追求だけではなく、店の雰囲気作りに加え、料理の構成や味つけのバランス、まだまだ勉強しなければならないことは多いのです。

午前中の仕込みを終えて昼は女将と家でとろろ蕎麦を食う。店で出す蕎麦が残ったのも最近では珍しいから、暑い昼には女将も喜んで食べてくれた。七月の陽射しだという昼前に、女将をお稽古に送ってちょっとしたドライブ。来週にはディーラーにクーラーの修理を頼んであるから、10年目の愛車も若返るか。この間、蕎麦屋にいらっしたお客に、「素敵な車ですね」と亭主が褒めたのは、確かレクサスのクーペ。「もう15年も乗っているけれど、次が出なくて」と言う。

人の美的感覚はそれぞれ違うものだけれど、同じような美意識を共有できるのは嬉しい事。芸術だなどと大袈裟なものではなくって、それがちょっとした日常の積み重ねなのですね。店に来るお客を通していろいろな世界を垣間見るのが蕎麦屋の亭主なのだけれど、その世界はどんどん広がる気がするのです。結局、人それぞれだというのはちょっと寂しい気がするから、繰り返し来て下さるお客を大切にしたい。強烈でなくても好いから、静かに発信し続けるだけ。

午後の仕入れと仕込みを終えて、4時になるからと女将を迎えに出掛ける亭主。車外温度は28℃に達していました。何処までも青空の広がる国道をひた走り、お師匠さんの家の前で30分も待って、やっと女将が玄関から出てくる。今宵はカシラの塩焼きとそら豆を茹でて一献。女将には親子煮を作ってやって、一緒に相撲中継の終盤を観る。見るからに一生懸命な力士の意気込みに二人とも心打たれて、蕎麦屋もこうでなくてはと心に刻む亭主なのでありました。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.