昼はお蕎麦売り切れ、夜は貸し切りの営業で…

今朝も1kgの蕎麦を打つ亭主。連休の中日とあって、昼の混雑も予想されたけれど、夜は予約で貸し切りの営業となる。20人分以上の蕎麦を用意して、開店に備えたけれど、やはり昼飯の賄い蕎麦を食べたのは、夕方の5時を過ぎた頃なのでした。開店の時刻からもの凄い勢いでお客が来るものだから、すぐに「ただ今満席です」の看板を出すけれど、それでもお客は玄関の扉を開けて入って来るから、「満席なんですけれど、少しお時間がかかります」と応える。

次々に順番に料理を作っていくしかないので、注文を待っているお客様への女将の対応が、こんな時に生きてくる。席に着いたお客にお茶を入れる暇もなければ、注文を取るのにも時間がかかる。「今、お茶をお持ちします」「ただ今ご注文をお聞きしますから」と、料理を運びながら、後から来たお客に声をかけるのです。それでも10分以内には、蕎麦を茹でて出しているから、調理をしている亭主の素早さは半端ではない。メニューの種類が多いから大変なのです。

1時過ぎには夜の予約のお客の分を残して蕎麦がなくなったので、「お蕎麦売り切れ」の看板を出す。やはり日曜日はお客が多い。駐車場に止められないお客が、路上駐車をしてご来店なのも分かっているのだけれど、対応する余裕はない。何組かのお客は店に入れずに帰って行かれた。午後の2時には洗い物を済ませて女将が家に戻る。亭主はここからが夜の仕込みだから休む暇はないのでした。昨日のうちに出来ることはやっておいたけれど時間との勝負。

3000円ほどのコース料理だというので、付け出しに三種盛り合わせを用意して、海鮮サラダを作り、お造りを盛って冷蔵庫に入れておく。スポーツクラブを休んだ女将は、5時からの手伝いだったから、昼の洗い物の片付けを始めとして、それまでに出来ることは済ませておくのです。出汁巻き卵や鰻の蒲焼き、厚揚げ田楽はお客が来てから始めなければならないから、取りあえずは女将とテーブルを移動して夜のセッティング。常連さんがいらっしたけれど事情を話す。

7時までの営業なのに、お客の都合で午後の6時からの会食となる。それなのに電話がかかってきて少し遅れると言うから、困ったものです。次々に料理を運ぶけれど、お腹が空いていらっしたからか、食べるスピードがやけに早い。車でいらっしたからか、あまり、お酒も召し上がらないので、懐石風のメニューはふさわしくなかったかも知れない。どんどん作って、天麩羅を揚げて蕎麦を出す。ここまで1時間だから凄いスピード。それからが談笑のひとときなのでした。

This entry was posted in 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.