夕焼けの空に舞い飛ぶツバメ…

来年からは、この大型連休中は夜の営業を止めようかと女将と話したのです。暖かくなるこの時期、今年は例年になくお客が多くて、平日も週末もほとんど変わらない状況だから、毎日のように出汁を取って蕎麦汁を仕込まなければならないのです。蕎麦の出汁は二日前には用意しなければならないから、朝の8時から午後の3時まで蕎麦屋で仕事をするほかに、亭主は朝や夜に店に出掛けて仕込みをしなければならない状態。これはやはり、かなり身体に応える。

連休中に身体に故障があってはならないと、昨日も10時には床に就いて朝の6時半まで眠ったのですが、何故か疲れが取れていないと感じる。蓄積疲労とでもいうのでしょうか、やはり年齢には勝てない。店が混んでいる日は、夜食を食べるのを止めたので、着実に体重が減るから嬉しいのだけれど、考えたらこれも喜ぶべきことなのか怪しいのです。自身の健康があってこそ、長く続けられる隠居仕事だから、調子に乗って日に何度も蕎麦屋へ通わない方が好い。

今朝もpekoの散歩で蕎麦屋に寄って、米を研いだら炊飯器にかけ、蕎麦豆腐を仕込んだら、昨日の洗い物を片付けてくる。少しでも仕事を終わらせておかないと、次の作業が大変になるのです。家に戻って朝食を済ませたら、今朝も8時にはまた蕎麦屋へ出掛ける亭主。蕎麦打ちを始めると、しゃきっとして元気が出るのですが、8時からサラダを盛り付けて賄い蕎麦を食べる11時まで、3時間ぶっ通しで今朝の仕込みは続くのです。そして、11時半には暖簾を出す。

だから、開店前にお客が来たりすると、表で待たせるのは申し訳ないとと思うから、店に入っていただくのだけれど、昼飯も食べられずに午後の2時過ぎまで、ずっと動き続けなければならないから、これはハードな体力勝負。若い頃なら、楽しくてちっとも気になることはないのでしょうが、歳を取ると楽しいのだけれど、先発投手が完投する様なわけにはいかない。スタッフも含めて同世代だから、混んだ日には集中力が落ちてくる。亭主が気配りをしてなんとか閉店。

今日は女将が家に戻って早お昼を食べて来る間に、亭主もサラダの盛り付けを終えて、ぶっかけ蕎麦を食べることが出来ました。週末だからと胡麻油をいつもより多めに天麩羅鍋に注いだら、かき揚げが重みで下に垂れ下がることを発見。だから、かき揚げの油は深さ3cmと言われるのかも知れない。足らなくなったら足せば好いのだから、油の深さには注意を要する。だから、30cmの天麩羅鍋では、自ずと一度に揚げられる天麩羅の量が決まってくるのです。

今日は昼過ぎまではまったくお客が来なかったのに、それからが満席の看板を出す混みようで、その一時期が過ぎたらもうお客はぱらぱら。カウンターに座った常連さんのご夫婦は、ご主人がビールと単品のつまみを次々とご注文。焼売を蒸かして、厚揚げ田楽を焼いている間に板ワサを出して、奥様のカルビ丼セットをお出しする。この手際の良さが調理の醍醐味なのだと、亭主は結構楽しそう。一度スイッチが入ると疲れが何処かに飛んで行ってしまうのです。

洗い物もその都度こなしたから、早めに家に帰って30分だけ横になる亭主。コーヒーを一杯飲んで3時半になったら、明日の夜の予約の魚を仕入れに出掛ける。鯛がなかったから、奮発して金目鯛にしてしまった。夕刻はお客の来ないのを好いことに、今日のうちに出来る明日の仕込みを随分とこなしたのです。高野豆腐に人参の出汁煮、絹さやを塩茹でしてまずは一品。ホタテとオクラの煮こごりを仕込んで、モズクの酢の物を出汁酢から作る。6品目の仕込み完了。

見渡す限りの青空の下、夕陽が空を真っ赤に染める頃、向かいの畑ではツバメたちが元気に飛び交っている。蕎麦屋の電線にはつがいのツバメが仲良く並んで、羽の手入れをしているのでした。いい場所にねぐらを作り終えたのでしょうか。今日は女将が「家の石楠花がやっと咲いた」と喜んでいたっけ。植えてから何年もつぼみが開くことがなかったのに、やはり歳月なのか。霊犀亭も四年目の春を迎えて、やっと毎日がお客様で溢れている。これも歳月なのか。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.