朝から雨そして風の定休日2日目は…

昨夜は風呂を出たら居間で寛ぐのを我慢して、書斎に入って昨日買い残した食材と、今日の仕込みの一覧とをメモにしながら、YouTubeで「人を恋ふる歌」や「遙かな友に」などの昔懐かしい歌を聴く。そのまま10時過ぎに床に就いたのです。居間でテレビでも見ようものなら、またpekoが膝に乗って、挙げ句の果てにはそのまま寝室まで付いてくるから、またゆっくりと眠れない。お蔭で、今朝は睡眠十分で、8時過ぎには蕎麦屋へ出掛けていくことが出来たのです。

定休日なのにそんなに早く蕎麦屋へ出掛けても、コーヒー豆は明日の配送予定だし、いきなり仕込みを開始する元気もない。仕方がないから、気になっていたレンジ周りの掃除から始めて気分を変える。空になった返しの甕に、新しい返しを仕込んだら、冷蔵庫の挽き肉を使って厚揚げ田楽の味噌ダレを作っておく。酒・味醂・砂糖と自家製の味噌を小さな鍋で煮込むだけだから、わけはないのですが、2日目の仕込みはこうした細かな作業が多いから面倒と言える。

蕎麦豆腐を仕込みながら、昨日漬けた蕪と胡瓜と春キャベツの仕上がり具合を見て、京唐辛子を刻んで入れておく。明日のデザートには抹茶小豆を仕込んで豊缶に流し込み、常温で少し固まるまで待つ。フルーツの寒天寄せの場合は400ccの分量だけれど、あらかじめ豊缶に敷くのは自分で煮た小豆だけだから、500ccの抹茶蜜が入る。氷糖蜜の分量はどちらも100ccで、抹茶の量は小さじ二杯と決めている。抹茶は暖かい湯で溶くと、綺麗に仕上がるのです。

ここまで仕込みを続けたら、後は包丁を使う作業なので一休み。鍋や釜を洗ってシンク周りを片付けたら、厨房から出てカウンターで昨日の洗濯物を畳むのです。まだ10時前だから、気の長い話。昼までに残りの仕込みが終わるのだろうか。外が雨なのが気の晴れない原因か。今日は午後にプールへ出掛け、その帰りに買い残した食材を仕入れてこよう。あれこれと考えながら、再び厨房に戻る亭主。農産物直売所で買い求めた蕗の処理もちょっと面倒な作業。

包丁を使い始めたら、続けて次の仕込みにかかるのですが、天麩羅の具材の生椎茸の飾り切りを済ませて、ピーマンや茄子を切って、陽気をラップで密封する。その間にカボチャを薄く切り分けてレンジにかけておくのです。かき揚げの材料の玉葱を刻んだら水に浸してザルに採る。三ツ葉を刻んで…、とここまで来て人参がないのに気が付いた。昨日、買い忘れた食材の一つなのでした。蕗は湯がいて5cmの長さに切り、密封容器に入れて冷蔵庫で保存する。

葉の付いた新鮮な蕗だったから、葉の部分は湯がいて水気を絞ったらごま油で炒めるのです。その間に、油揚げを湯引きしてこちらも一緒に炒める。砂糖と酒と出汁醤油で味付けしたら、立派なご飯のおかずになりました。さすがに、これは店では出せないから、昼のおかずとして家に持ち帰るのでした。今日の唯一の失敗は、一度に沢山の食材を火にかけて、ブロッコリーを茹でたのを忘れて、湯で過ぎてしまった。そろそろ疲れて来た証拠。これも昼のおかず。

亭主は、キャベツや赤玉葱、人参、ピーマンを入れて、トロ豚の肉を加えてコンソメスープを作り、女将と二人でサラダと蕗の煮物で簡単に昼食を終えたら、また一眠り。女将が書斎にお茶を運んでくれた頃には、瞼が重くてダウンなのでした。1時間ほど眠ったら、プールの支度をしてひと泳ぎに出掛ける亭主。帰りがけに西の町のスーパーとホームセンターを回って、やっと新鮮な生椎茸を手に入れる。消毒液や割り箸などの消耗品も馬鹿にならない出費なのです。

ただ、何が無駄な出費なのかは十分に検証を重ねないといけない。亭主の望む清潔で衛生的な蕎麦屋の環境と、お客様をもてなすために、敷居が低くて気品のある店のイメージを追求する精神は忘れたくない。亭主が夕食を終えたころに、女将がスポーツクラブから戻って、夕刻のpekoの散歩に行ってくれた。風呂までの時間が暇だったから、思い立ったようにまた蕎麦屋へ出掛けて、出汁に浸けてあった黒豆を煮てくる。しばらくは黒豆大福が続きそうなのです。

This entry was posted in ブログ作成, 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.