やはり今朝は起き上がれなかった…

夕べは3時過ぎに家に戻って、売り上げのデータ入力を済ませ、pekoに夕飯を食べさせたら、夕方の散歩。女将は美容院に出掛けているから夕飯は何時になるか分からない。トマトの残り物と蕎麦屋から持ち帰った天麩羅の具材を焼いて、取りあえず一献。タンパク質が足りないと、しゃぶしゃぶ用の肉を塩コショウで炒めて簡単に夕食を済ませました。後はブログを完成させるだけなのだけれど、疲れすぎて何時の間に眠ったのかも覚えていない状態なのでした。

先週に続けて今週も随分と混んだから、週末の疲れがずっと抜けない。お客が来て厨房で動いている間は元気なのですが、今朝もpekoに起こされて早朝の散歩に出掛けたら、また床に入って一眠り。女将の朝ドラが終わる時間まで、うつらうつらと意識は目覚めているのでしたが、起き上がることが出来ない。腰は痛いし、足は攣るしで、やっとのことで起き出して、昨日一つだけ残った蕎麦を茹でて食べる。洗面を済ませて、お袋様との仕入れに出掛ける時間。

いつもなら仕入れの品を書いたメモをプリントアウトして、買い残しのないように3件の店屋を回るのだけれど、今日は行き当たりばったりで経験の勝負。でも、新しい厚揚げや生椎茸、三ツ葉は入っていないし、ブロッコリーは買い忘れて、午後からまた違う店に出掛けていく始末。気分転換に蕎麦屋の南側にあるミニ菜園を見て歩けば、ラディシュや辛味大根の花や春菊の花が咲き乱れている。早く刈らないとと夏野菜が植えられないのに、なかなか手つかずです。

出汁を取って蕎麦汁や天つゆを仕込んだだけで、午前中の仕込みを切り上げて家に戻れば、お稽古が休みの女将はスポーツクラブに出掛けているのでした。仕方がないから、昨夜言われていた塀際の水仙の葉を刈り取って、もう咲き出しそうな芍薬の花が見えるようにしておいてやる。何年越しかの鉄扇が今年はもう花を咲かせていました。夫婦も毎年ごとに老いてくるから、蕎麦屋と自宅の草花の手入れも、自然の勢いになかなか追いつかない状態なのです。

それでも、また株の増えた芍薬の蕾が膨らんでいる姿を見て元気を貰うのです。やっと女将が戻って、亭主が野菜炒めを作って簡単に昼を済ませたらまた一眠り。20分ほど眠ったところで亭主は月末恒例の床屋に出掛ける。昼飯を自宅に食べに帰っていた親爺様が帰るのを待って、例によって年寄り同士の四方山話が始まるのでした。亭主はそのまま買い忘れた食材を仕入れにまた団地のスーパーに出掛ける。生椎茸はとうとう手に入らなかったのでまた明日。

団地の中の大通りには躑躅が今を盛りと咲き出している。今年は花たちが早くから競うように咲いたから、これから初夏を迎えるのに、一体どんな景色が見られるのだろうか。腰の痛いのも忘れて、蕎麦屋に戻って午前中の仕込みの続きを開始する。カボチャを切り分け、端切れは先週残った出汁で従姉妹煮にして、新鮮な大根は下茹でをして薄口の出汁醤油で煮詰める。小松菜を茹でて冷凍し、蕪と胡瓜と春キャベツは塩漬けにして、蕎麦汁を蕎麦徳利に詰める。

鍋やボールやまな板を洗って消毒を済ませたら、今日の仕込みは終了。時計を見たらもう4時半になっていた。雨がぱらついて来たので、家に戻って一休み。動き回っている打ちに、血行がよくなってきたのか、蓄積した疲労が少しずつ取れてきたような気がする。プールへ行ければ一番好かったのだけれど、さすがにその元気はなかったのです。明日はまた細々とした仕込みが沢山残っている。蕎麦屋の庭の掃除が出来なかったのが、今日一番の心残りでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.