自転車に乗って…

定休日は一週間のうちで唯一どうしても車を使わなければならない日なのに、ディーラーに預けてあちらの店の開店時刻にしか車を受け取れないのでした。仕方がないからというより、面白そうだと興味半分で、pekoの散歩を終えて朝食に蕎麦を食べ、二台ある自転車の折りたたみ型に乗って蕎麦屋へ出掛けて一仕事。そのまま隣町のディーラーまで写真を撮りながらぶらぶらとサイクリングをする亭主なのでした。ところが、思ったよりも距離はあるのだと実感…。

5月も末だけれどまだ紫陽花は早いのではと思ったけれど咲いている。昔は地域のガーデンセンターだった所が、今はメガソーラの発電所。自然に優しい繋がりで、志向は分かるけれどやはり景観が壊れたという感じは免れない。大都市近郊の郊外は大体こんなものか。経済が優先するから、景観などは二の次なのでしょう。パリやブリュッセルの裏路地でさえも、長い歴史は人々の美的感覚を支えている。何をどう変えれば、日本の都市近郊も変わるのだろう?

隣町との境の水田の風景も、ごしゃごしゃっと立て込んだ建て売り住宅の丘陵との狭間で、日本の原風景とは言いがたい。蕎麦屋の前の畑と森の風景は、実に稀少なものだと再認識するのでした。大気汚染に悩む隣国の風景は、数十年前の東京の姿。豊かさを求めて人々はいったい何をどうしたいと願ったのだろう。自分の子ども時代に育った風景の中で、我が子を育てたいと願った霊犀亭主人の若かりし頃は、この辺りはまだ本当に美しい野辺だったのです…。

その昔、憧れの東横線に乗って横浜まで行く途中で、丘の上まで家が建ち並ぶ風景を見たことがある。日本では草分け的な存在だった不動産会社も所詮はその当時以前のアメリカの真似だけで、国の広さの違うことには頓着しなかったのだろうか。確かに、豊かにはなったけれど…。大都市近郊の日本人が何を失っていったのかは、後の時代の子どもたちには知る術もない。その時代をリードしていた若者が、歳を取って皆家庭菜園などに夢中になっている…。

亭のある団地の高層マンションを眺めながら、ディーラーまでの小一時間のサイクリングが、思わぬ景色の撮影会となった。点検修理を終えた車に乗って、魚屋スーパーへ寄ったら、生きのいい鰹が出ていたから買って帰ると、早速、昼のサラダに盛り合わせて、ざる蕎麦とのコラボ。鰹好きの女将も至極満座そうで、昨日残った蕎麦とサラダはこれで完食。蕎麦を食べ続けると、便通もよくなるからまったく健康にはいい。腸の中が綺麗に掃除されるような感覚です。

昼前に、女将をお稽古に送って、帰り道にホームセンターに寄って店で足りない品々を買いそろえる。生きのいい野菜は努めて買って帰るようにしている。蕎麦屋へ戻って、野菜の保存と出汁取りの作業をしながら、来週分の返しを仕込んでおく亭主。そして、蕎麦汁の仕込みとふりかけ作成の作業に入った頃に、お迎えお願いの電話が入るのです。夏の書法展の出品を控えて、女将もかなりナーバスになっている。今日は果たして師匠に何と言われたのか…。

蕎麦屋のミニ菜園で、水遣りをしながら草取りをして、蕪の間引きをしながら次の営業日のシュミレーションをする亭主。ナスもキュウリも順調に育っているし、九条葱もここに来て急に大きくなった。紫蘇の葉も虫に食われないうちに摘んで、冷蔵庫で保存する。定休日明けのデザートの仕込みは何にしようか、蕗の葉も大きくなって、収穫を待っているかのようだし、季節と共に移り変わる霊犀亭の野菜の数々は、実に頼もしい。火星の大接近する夕べは曇り空。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 未分類, . Bookmark the permalink.