この春初めて冷房を入れた日は…

土曜の夜までの営業で疲れ切って眠った翌朝は、8時間睡眠で元気を取り戻して蕎麦屋へ出掛ける亭主。今日も暑くなると言うから、蕎麦だけはしっかり打ってお客様のご来店に備えなければと、地伸しから丸出し、四つ出しまで、丁寧に作業をするのでした。蕎麦打ち室の温度は朝から22℃だから、加水率を考えるデータにはない状態。昨日と同じ44%で捏ね始めたのだけれど、なんとかこれで行けそうな感じ。今日の昼は18食の蕎麦を用意して開店に備えた。

昼前に二人連れのお客がいらっして、しばらくお客の姿はなかったけれど、やはり休日のお客の出足は遅く、昼を過ぎた頃から続々とお客がご来店でした。満席の看板を出そうかどうかと言う時に、電話が鳴って女将が出れば、10分後に6人で行くからと言う。厨房で調理に忙しい亭主が、「予約は受けないと言わなくちゃ駄目だよ」と注意の一言。満席だったら、来られたお客様にも失礼だし、その前に来たお客にも迷惑になる。だから昼時の電話は取らないのです。

ところが、カウンターのお客も皆さん帰られた後で、電話の主のご家族がご来店。「予約はやっていないんですよ」と亭主が言えば、「確認しただけですから」と、勝手にカウンターの椅子をテーブルに運んで座りだすから驚いたのです。他のお客もいなくなったから、よかったけれど、いろいろなお客がいるもの。店が混んできたので、お子様たちにサービスのジュースやお菓子も出せなかったけれど、初めてのお客様だったのだろうか。小さな蕎麦屋だから辛い。

先週も来たけれど、店が一杯だったから入れなかったというお爺様たちもご来店で、蕎麦が美味かったと言って帰られた。閉店間際にもまた何組かお客がいらっして、とうとう「お蕎麦売り切れました」の看板を出す。夜の営業まで持つかと思ったけれど、今日も午後からまた追い打ちをかけなければならない。最後の頃のお客様は、やはりネットで見ていらっしたというご夫婦らしく、亭主とは同年代のようで、いろいろ話をなさって好い酒を置いてるねと言って帰られた。

混んだ昼間は、お客様たちともゆっくりと言葉を交わす暇がなかったけれど、お一人ずつ蕎麦粉を溶いてお造りする蕎麦湯の残り具合を見て、美味しく召し上がって頂けたかを見る。今日は珍しく天せいろの注文が少なかったから、ご新規のお客様が多かったのかも知れない。用意した小鉢もすべて出尽くしたので、最後の若いご夫婦には、サラダやデザートをサービスして勘弁して頂いたのでした。この混みようでは小さな蕎麦屋もその好さを発揮できないか…。

「混んだ時ほど丁寧に」とは、いつもスタッフと共に言い聞かせているつもりだけれど、常連さんたちは時間をずらして来てくれるので本当に助かるのです。追い打ちをかけた夕刻には、暖簾を出す前から、見覚えのある顔の女性たちがご来店。「そろそろお出でになる頃かと思っていました」と、カウンターに座ったお二人に注文の料理を出す亭主。「疲れた時にはまたいらっしゃい」と言えば、「それでは毎週来なくちゃ駄目かもね」と笑って、元気そうにお帰りになった。

常連さんのご夫婦もいらっして、「お久しぶりです」と言うものだから、そんなに来ていなかったかなと、自分の記憶を辿る。静かな夕暮れ時に、会話の弾む店の中。お客様はこのひと時が癒やされるとおっしゃるけれど、今日も休憩なしで仕入れに出掛けて夜まで頑張った亭主も、何故かほっと一息入れる時間帯。洗い物をしていたら、お隣の若いご夫婦がいらっして、今日は騒がしくてすいませんでしたと昼のバーベキューのお詫びに見えた。律儀な人もいるもの。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.