暑すぎる午後…

昨夜も、ウォッカマティーニをシェイクして、四杯飲んだら夢の中。ジェームズ・ボンドは映画の中でどれだけ飲んでいたのやら…。5時間近く深く眠ったと思ったら、支離滅裂な夢をみて目覚める。床の中でストレッチをしながら、いつものように再び眠りについて6時過ぎに目が覚める。pekoの散歩に出掛けようと思ったら、外は肌寒かったので、上着を着て行く。蕎麦屋へ寄って朝の一仕事。何故かこれが最近のパターンになってきたけれど、好いのか悪いのか。

朝ドラがないから、時間に縛られないのが爽快で、女将も早くから食事の支度をして、二人揃って朝食を取る。8時前にはまた蕎麦屋へ出掛け、米を研いだら早速蕎麦打ちにかかる。蕎麦粉と一緒に注文したうどん粉が、何故かすべてパン用の強力粉だったので、昨日電話で追加の注文をして、今朝はまだ届いていないから、残ったうどん粉の分量だけ蕎麦を打つことにした。計量したうどん粉は290gだから、290+290÷2×8=1450といつもより多い分量だった。

これは大変と慎重に練ったのはいいけれど、四つ出しをし始めたら、大きすぎて打ち台に広げきらない状態なのでした。一計を案じて、幅を90cmにして縦に伸し、そのまま三つに畳んで、横に四つに畳む。これで12折なのでしたが、包丁切りがいつもと厚さが違うので、なかなか上手く均等に駒板をずらせない。16人分取れる筈の分量を、端の部分で大分ロスをして、14人分と半分ぐらいしか取ることが出来なかった。それでも、女将の来るまでには打ち終えた。

デザートの水羊羹を仕込んで、野菜サラダを作り、今日は早めに準備を終えたので、開店時刻の10分前には暖簾を出したのです。昼前に男性客が一人いらっしたと思ったら、その後が続かず、なにか何時もの日曜日と違う。いつも満席状態の中で立ち働いている女将も、初めての経験で、「こんな暇なことのあるの?」と、割箸の袋詰めを始めた。奥座敷に積み上げた段ボールを整理したり、仕事は幾らでもあるのだが、肝心の店が開店休業状態なので困った。

駅前の大型スーパーが今日で閉店して、6月からはすぐ近くの巨大モールがオープンするのだという。「大安売りだからとみんな出掛けて行ったのかしら…」と、女将は不思議でならない様子。かく言う彼女も夕刻には買い物がてらいってみる気でいるから、案外、そんな理由もあったのかも知れない。早めに家に帰って、郵便局まで自転車に乗って、蕎麦粉の支払いを済ませて来る亭主。あまりに暑いので、コンビニによってアイスクリームを買って食べる。

夕刻になって風が涼しくなってきたので、今宵の営業はどうだろうか。蕎麦汁も出なかったから、今日できる明日の仕込みはほとんどないけれど、再来週分の返しでも作りながら、和包丁の練習に、酒の肴でも作ってみよう。昨日上手く出来た出汁巻き卵も焼いてみよう。ラストオーダーの6時半になってお客が来なければ、そのまま家に持って帰って、またまた、豪華な夕食と洒落てみよう。ディーラーに預けて車もないし、今夜はプールもない。果たしてどうなるのか。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.